ホーム > 業務紹介 > 職員紹介―Interview― > 幹部警察官(昭和57年採用警部)

ここから本文です。

更新日:2020年7月28日

幹部警察官の声

自分を一番活かせる道

 

 

プロフィール

昭和57年採用
岩手県出身
県立高校(岩手県)卒
警部

現担当:鑑識課/鑑識課長補佐

 

Q&A

― 今までの経歴と、現在の仕事内容を教えてください

巡査の頃から鑑識勤務員となり、警察学校での勤務等を経て巡査部長・警部補・警部の各階級で鑑識課勤務を経験しました。

現在は、鑑識課長補佐として、勤務員に対する現場指導及び技能指導官としての教養を担当しています。

 

― 警察官を志した理由を教えてください

正義を象徴する「制服」に対する憧れです。

また、警察官の仕事は、自分が何よりも一生懸命になれる仕事だと感じたからです。

 

― どんな学生でしたか?

はっきり言って学業は下から数えた方が早いような成績でした。

部活は陸上部に所属しましたが、こちらの方は学業より頑張ったつもりでも成績は大したことはなかったです。

 

― 「警察官になってよかった!」
そんなエピソードはありますか?

高齢女性が被害となった窃盗現場で「おばあちゃんの敵は必ず取ってやるよ。」と豪語しながら採取した指紋が当たったときは、約束を叶えられてよかったと思いました。

 

― 部下の育成面では、
どのようなことを心掛けていますか?

鑑識業務は口だけでは中々指導できません。実際にやりながら説明するという指導方法がベストだと思っています。

若い警察官の中には自己流で鑑識資料を採取し、それが基本になっている者も少なくありません。公判で耐えうる証拠物件は、基本に徹した採取でなければその価値を得られないということを理解させることを念頭にしています。

 

幹部警察官1勤務

 

― ご自身の中で大切にしていることや、
「座右の銘」などがあれば教えてください

「この道より我を活かす道なし」

自分が一番一生懸命になれる仕事は警察の仕事であり、自分を一番活かせるのは鑑識業務だと考えています。

 

― ずばり、今後の目標を聞かせてください

「鑑識的知識」と「技術」の向上、後継者の育成です。

 

 

ワークライフバランス

幹部警察官1タイムテーブル


エンジョイ?

休日でも朝5時頃には起床。愛犬の散歩から一日が始まります。

季節によって過ごし方は違いますが、バイクに乗ったり、妻の実家で畑仕事をする等して過ごしています。

非番や休日でも、1時間走をするよう努めています。

 

幹部警察官1プライベート

 

メッセージ

 努力は必ず報われます。

「必ず警察官になる。」という気持ちを忘れずに、頑張ってください。

そして、いつか組織の一員になったら、「自分を一番活かせる道」を決めて、全力で打ち込んでください。

 

 

情報発信元

警務課採用センター