ホーム > 暮らしの安全 > サイバー犯罪 > サイバー犯罪に関する注意喚起情報 > SMS認証代行は犯罪の温床です

ここから本文です。

更新日:2022年6月17日

SMS認証代行は犯罪の温床です

SMS認証代行とは

 SMS認証は、インターネットサービスを利用する際の本人確認として用いられています。

 SMS認証代行は、他人から携帯電話番号の提供を受けてアカウントを作成することで、本人の利用情報の匿名化を図ることができます。

 匿名化されたアカウントは、特殊詐欺の通話アプリや、マネーロンダリング目的の電子決済アプリで悪用されるケースが多く、犯罪のインフラになっています。

(PDF:467KB)(別ウィンドウで開きます)

SMS認証代行は利用しない、請け負わない

 本県においても、SMS認証代行で他人に通話アプリのアカウントを不正取得させ、そのアカウントが特殊詐欺に使われたことで、私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで検挙される事案が発生しています。

 埼玉県警察サイバー犯罪対策課公式Twitterアカウント「埼玉県警察本部サイバー犯罪対策課@spp_cyber(別ウィンドウで開きます)」では、Twitter上におけるSMS認証代行に対して警告を行っています。

 SMS認証代行を請け負うことも、依頼することも絶対にしないでください。

情報発信元

サイバー犯罪対策課