ホーム > 暮らしの安全 > サイバー犯罪 > サイバー犯罪に関する注意喚起情報 > ペアレンタルコントロールで見守りを!

ここから本文です。

更新日:2020年7月29日

ペアレンタルコントロールで見守りを!

ペアレンタルコントロールとは?

フィルタリングソフトの活用の画像

子どもがスマートフォン等でインターネットを利用する際、有害サイトの閲覧、不正なアプリのダウンロード、有料アプリへの課金、長時間の利用など様々な心配があります。

「ペアレンタルコトントロール」とは、子どもが安全にインターネットやスマートフォンを利用できるように、保護者がWeb閲覧やアプリのダウンロード、利用できるサービス、使用時間などを制限することにより、安全なインターネット利用環境を整えてあげることをいい、「フィルタリング」はその代表です。

フィルタリングを活用しましょう

フィルタリングの機能

フィルタリングには、

  • 子どもに有害なコンテンツを遮断する
  • アプリのダウンロードを制限する
  • 利用時間を制限する

などの機能があります。

フィルタリングの導入方法

携帯電話・スマートフォンの場合

各携帯電話会社いわゆる「キャリア」では、各社ともフィルタリングサービスを提供しています。

その他のMVNO(仮想移動体通信事業者)、いわゆる「格安SIM」「格安スマホ」などを利用の場合でもフィルタリングサービスを利用することができます。

詳しい内容や利用方法については、各事業者のホームページや店舗にお問い合わせください。

パソコンの場合

多くのプロバイダがフィルタリングサービスを提供しています。

利用料金が無料のものから、月額数百円程度のものまでありますので、ご契約中のプロバイダが提供しているサービスをご確認ください。

その他にも、インターネットや家電量販店等で市販のフィルタリングソフトを購入するか、既に使用中のウイルス対策ソフトがフィルタリングサービスに対応している場合、その機能を利用することもできます。

ゲーム機の場合

最近の家庭用ゲーム機も、スマートフォンやパソコンと同様にインターネットにつながっています。

ゲーム機でも市販のフィルタリングソフトを導入したり、ゲーム機メーカーが提供しているゲーム機の設定機能や管理用アプリ等を利用することができます。

家庭でのルールづくりを!

フィルタリングのみで100%の危険を回避することは不可能です。

インターネットを安全に利用するためには、子どもの成長に合わせた家庭でのルールを決めておくことも大切です。

ルールの例としては、

  • 利用時間、場所、目的を決める
  • 名前や学校名などの個人情報、顔写真は載せない
  • ネットで知り合った人とは直接会わない
  • ルールを守れなかった時の対応

などがあります。

年々、SNSを通じて犯罪の被害に遭う児童が増えていますので、SNSやメールなどの他人とコミュニケーションを取るサービスの利用には特に注意が必要です。

子どもたちとSNSを取り巻く現状の注意喚起チラシ

(PDF:841KB)

関連リンク

情報発信元

サイバー犯罪対策課