ホーム > 暮らしの安全 > サイバー犯罪 > サイバー犯罪に関する注意喚起情報 > 添付ファイルとURLには要注意!不審なメールにご注意ください

ここから本文です。

更新日:2020年10月27日

添付ファイルとURLには要注意!不審なメールにご注意ください

不正プログラム「Emotet」

「Emotet」(エモテット)と呼ばれるコンピュータウイルスへの感染を狙う不審なメールの増加が確認されています。
感染すると、送受信メールやアドレス帳の連絡先などの情報を盗まれ、感染を広げるための材料として使われてしまいます。
「Emotet」には、以下の行動により感染してしまいます。

  • メールに添付された不審なファイルを開く
  • メール本文内のURLからファイルをダウンロードして開く

メールの内容には、様々なパターンがありますが、特に感染した端末から流出したメールの内容や連絡先を利用して、正規のメールへの返信を装う内容となっている場合は、騙されやすいため特に注意が必要です。

 fushin_mail(PDF:649KB)

被害に遭わないために

「Emotet」感染への被害を防ぐために、

  • メールセキュリティソフトを導入し、OSなども最新の状態にしておく
  • メールの添付ファイルやURLを安易に開かず、送信元に確認する
  • Wordファイルの「マクロの自動実行」の設定を確認し、「無効」にする

参考リンク

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターが掲載している「マルウェアEmotetへの対応FAQ」が更新されています。
感染予防対策や事後対策等について詳細に掲載されていますので、参考にしてください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

サイバー犯罪対策課