ホーム > 暮らしの安全 > サイバー犯罪 > サイバー犯罪に関する注意喚起情報 > インターネットカフェご利用上の注意点

ここから本文です。

更新日:2020年7月22日

インターネットカフェご利用上の注意点

注意の画像

インターネットカフェ、マンガ喫茶などは、パソコンを不特定多数で利用するため、パソコン内に残った利用履歴などから不正アクセスの被害に遭うおそれがあります。

特に、

  • インターネットバンキングの利用
  • メールの送受信
  • インターネットショッピング(特にクレジットカード番号を入力するもの)
  • インターネットオークションの利用

など「ID、パスワード」を含む個人情報を送信する内容でのご利用は、避けることをお勧めします。
インターネットカフェにおいて「キーロガー」というキーボードで入力した文字を記録するソフトを仕込み、他人の個人情報を盗み、ネットバンキングに不正アクセスした男が逮捕されるという事件も発生しています。

被害防止対策

  • ID・パスワードを含む個人情報を送信するような内容での利用を避ける
  • ブラウザの履歴とCookieを削除する
  • ブラウザのオートコンプリート履歴を削除する
  • ログインしたサイトは、確実にログアウトする
  • ゴミ箱の削除(空になっているか確認する)

情報発信元

サイバー犯罪対策課