ホーム > 交通安全 > 交通規制 > 信号機滅灯時の対応

ここから本文です。

更新日:2014年12月25日

信号機滅灯時の対応

交差点の通行方法

信号機が滅灯した際に、可能な限り警察官を配置して交通整理を行いますが、すべての交差点に対して警察官を配置することが出来ない状態にあります。
周囲が暗く、交差点が分かりにくい場合がありますので、外出の際には以下の点に注意していただきますよう、お願いいたします。

自動車・二輪車・自転車

  • 停電している地域においては、自動車・二輪車・自転車の移動は、できる限り控えるようにしてください。
  • 警察官がいない場合には、交差点等の手前で徐行もしくは一時停止を行い、左右の安全確認をした後、お互いゆずりあって、安全な速度で走行してください。
  • 警察官が交差点で交通整理を行っている場合は、その指示に従ってください。

イラスト「おまわりさん」

歩行者

  • 日没後や不要な外出は控えましょう。
  • 小型ライトや反射材を活用して、自分の居場所を知らせる工夫をしましょう。
  • 明るい服装を心がけましょう。

【反射材の効用】

イラスト「反射材の効用」 イラスト「反射材を活用しよう」

お問い合わせ

交通規制課 

電話:048-832-0110(代表)