ホーム > 暮らしの安全 > サイバー犯罪 > インターネット利用上の注意点 > フィルタリングソフト活用のすすめ!

ここから本文です。

更新日:2014年12月25日

フィルタリングソフト活用のすすめ!

フィルタリングソフトとは?

フィルタリングソフトの活用の画像

インターネットは、あらゆる情報を検索でき便利ですが、反面、自殺・爆発物・ポルノ・出会い系サイトなど、子供の成長に有害なホームページが氾濫しています。
フィルタリングソフトは、これら子どもに見せたくない有害情報を見る側で遮断してくれるものです。

保護者の方は、子どもが犯罪に巻き込まれないよう、このソフトを活用されることをお勧めします。

フィルタリングソフトを活用しましょう!

導入方法

フィルタリングサービスの利用

ご契約のプロバイダが準備した次のフィルタリングサービスを利用する。

  • 簡易設定型(無料)
    設定は簡単。小学生以下の子ども向き。
  • 有料で高機能型(月額2~300円程度)
    フィルタリングがパスワードで保護可能なものもあります。

【プロバイダ一覧の掲載ページ】
日本語対応フィルタリング(別ウインドウ)

市販のソフトや、ウイルス対策ソフトの利用

パソコンショップ等から市販のソフトを購入するか、既に使用中のウイルス対策ソフトが対応している場合、その機能を利用する。

導入しましょう!

参考ページ

ご注意!

ご注意!

フィルタリングソフトによる100%の遮断は不可能であり、これだけでは不十分です。特に子どもがパソコンを一人で利用しているような場合、

  • パソコンは、時間を区切って利用する。
  • 危ないサイトは見ない(どんなページを見ているか質問する)。
  • 友だちや他人を誹謗・中傷しない。
  • 掲示板などでは知らない人は信用せず、自分や家族などの個人情報を書かない。

など、日頃から保護者が注意しておくことが必要です。また携帯電話でのフィルタリングも可能ですので、携帯電話会社のホームページを参考に設定してください。

お問い合わせ

サイバー犯罪対策課 

電話:048-832-0110(代表)