ホーム > 交通安全 > 交通事故防止 > 高速道路の交通安全

ここから本文です。

更新日:2017年6月28日

高速道路の交通安全

このページの掲載事項

高速道路を安全に利用するためのポイント

1.全席シートベルト・チャイルドシートを着用しましょう

高速道路での交通事故では、シートベルト、チャイルドシートを着用していなかったために、フロントガラスを打ち破って車の外に放り出されてしまうケースが多発しています。
シートベルトの着用は運転席と助手席はもとより、後部座席についても着用が義務化されています。
万が一の時、自分や同乗者の命を守るためにも、全席シートベルト・チャイルドシートの着用をしましょう。

2.車間距離を十分に保ちましょう

高速道路での交通事故の80パーセントが追突事故です。

ゼロイチゼロニ運動の図

前の車との安全な車間距離を保ちましょう。

埼玉県警察では、ゆとり車間距離「0102運動」を推進しています。
自動車を運転中、前の車が通過している地点に自分の車がさしかかるまでに「ゼロ・イチ・ゼロ・ニ」と数えることができれば、前の車との車間距離が2秒以上確保されていることになり、安全な車間距離を保持していることになります。

埼玉県警察音楽隊オリジナルソング「ゆとり車間距離0102運動音頭」(動画ライブラリー)

3.追い越しが終わったら走行車線に戻りましょう

「キープレフト」という言葉を聞いたことがありますか?

通行帯違反撲滅マスコット「レフキーくん」

運転免許を取得する際、自動車教習所で皆さんが習っています。

追い越し車線を走り続けると、「通行帯違反」という違反になります。
通行帯違反は、普通車の場合、反則金が6,000円、点数が1点の違反です。
この違反は、速度超過や車間距離不保持の原因ともなりますので、追い越しが終わったら必ず走行車線に戻りましょう。

高速道路は「右側ずっと走らレーン」です。

4.事前の準備をしましょう

高速道路は一般道とは違い、緊急時以外は駐停車禁止ですから、次の項目を事前に確認しておきましょう。

  • ルートと休憩場所
  • オイルや冷却水の量
  • タイヤの溝や空気圧

また、積載物がある時は、高速道路に入る前にもう一度、積荷の点検をして落下物の事故を起こさないようにしてください。

5.緊急時に駐停車する時の注意事項

万が一、故障等で車を停止しなければならない場合は、次の点を必ず守ってください。

  • 路肩に寄せて停車する
  • 発炎筒や三角表示板で、停車していることを後続車に知らせる
  • 車から降り、ガードレール等の外側で救護を待つ

絶対に車の中にとどまることがないようにしてください。

※走り始めの60分間が危険な時間!

高速道路での死亡事故は、約50パーセントが高速道路に入ってから100キロメートル未満(約60分以内)の場所で発生しています。

警察庁では、早めに”キモチのリセット”をして危険な60分間を乗り切るため「レッツブレイク!キャンペーン」を実施中です。

高速道路に入ったら、サービスエリア・パーキングエリアで心身をリフレッシュし、車両や荷物等の安全を確認しましょう。

chirashi1chirashi2

 

 

高速道路における交通違反

高速道路でありがちな交通違反を紹介します。

1.速度超過違反

車は、速い速度で走れば走るほど制動距離が長くなり、ハンドル操作にも余裕がなくなります。

人間の反応時間を約0.5秒と仮定した場合、時速100キロで走行中に、危険を感じて適切な操作をするまでに約14メートルも進んでしまいます。

緊急時にブレーキをかけるか、ハンドル操作をするかで判断に迷ったり、気付くのに遅れて慌ててハンドルを操作することになった場合、速度が速ければ速いほど事故につながるリスクは高くなります。

ですから、高速道路交通警察隊では重大交通事故の防止のために、重点的に速度超過違反の取り締まりを行っています。

道路別

超過速度

基礎点数

反則金額

大型車

普通車

二輪車

共通(一般道・高速道路)

50km/h以上

12

罰金刑

一般道

30km/h以上50km/h未満

6

高速道路

40km/h以上50km/h未満

6

35km/h以上40km/h未満

3

40,000円

35,000円

30,000円

30km/h以上35km/h未満

3

30,000円

25,000円

20,000円

共通(一般道・高速道路)

25km/h以上30km/h未満

3

25,000円

18,000円

15,000円

20km/h以上25km/h未満

2

20,000円

15,000円

12,000円

15km/h以上20km/h未満

1

15,000円

12,000円

9,000円

15km/h未満

1

12,000円

9,000円

7,000円

2.通行帯違反

複数車線のある道路では、自動車は一番左側の車線を走行するのが原則です。(キープレフト)

レフキーくんの画像

高速道路では必要な場合を除き追い越し車線を走り続けると「通行帯違反」となります。

大型貨物車は、3車線ある高速道路では通行帯が指定されています。
また、けん引自動車についても、法令により、一番左側の車線を走行しなければならないと定められています。

違反名

基礎点数

反則金額

大型車

普通車

二輪車

通行帯違反

1

7,000円

6,000円

6,000円

けん引自動車本線車道通行帯違反

1

7,000円

6,000円

3.車間距離不保持違反

速度超過違反や通行帯違反に関連していますが、適正な車間距離を確保できていない運転者が多いようです。

0102の説明

車間距離が少ないと、前の車の速度変化に応じて、頻繁にブレーキを踏んでしまい、「ブレーキング渋滞」の元となるばかりでなく、多重追突事故の原因になります。

高速道路は一般道と違い、空走距離(危険を感じてからブレーキやハンドルを操作するまでの時間に車が進む距離)が長くなります。高速走行になれば、その速度の数字のままの速度(時速100kmであれば100m)が必要だとされているほか、冬の積雪・凍結路面などでは、夏場の2倍以上の車間距離が必要です。

 

基礎点数

反則金額

大型車

普通車

二輪車

高速道路

2

12,000円

9,000円

7,000円

一般道

1

7,000円

6,000円

6,000円

4.高速自動車道国道等運転者遵守事項違反

高速道路では、積載物の落下や飛散、高速道路本線上に停車したことによる交通事故も発生しています。

高速道路に入ろうとする運転者は、貨物の積載の状態を点検する義務があり、積載物を転落させた場合は取り締まりの対象となります。
また、自動車の燃料、冷却水、オイルの量の点検を怠って、高速道路本線上に停車した場合も、この違反に該当します。

高速自動車国道等運転者遵守事項違反

基礎点数

反則金額

大型車

普通車

二輪車

2

12,000円

9,000円

7,000円

5.座席ベルト装着義務違反

自動車の運転者は、乗車する人に座席ベルトを装着させなければ運転できません。(除外規定に該当する者を除く。)
また、6歳未満の幼児を乗車させる場合も幼児用補助装置(チャイルドシート)を使用しなければなりません。

高速道路での交通事故では、座席ベルトをしていなかった場合、衝撃で車の外に放り出されてしまうことが多いため、高速隊では被害軽減を目的として重点的に取り締まりをしています。

座席ベルト装着義務違反

基礎点数

1

県内の高速道路での交通事故発生状況

平成28年中

区分

人身事故

物損事故(件)

総件数(件)

路線名

件数(件)

死者(人)

負傷者(人)

関越道

167(1)

2(0)

353(21)

1640(50)

1807(51)

東北道

104(6)

0(-1)

214(24)

1151(202)

1255(208)

常磐道

50(15)

1(1)

82(15)

323(49)

373(64)

外環道

74(-69)

0(-2)

153(-129)

727(-14)

801(-83)

圏央道

45(39)

0(0)

102(89)

477(189)

522(228)

川口線

20(3)

1(1)

38(9)

187(10)

207(13)

三郷線

29(8)

0(0)

50(16)

266(51)

295(59)

池袋線

19(-12)

0(-1)

42(-21)

86(-27)

105(-39)

大宮線

14(-6)

0(0)

27(-12)

117(7)

131(1)

新都心線

1(-1)

0(0)

2(-1)

15(5)

16(4)

合計

523(-16)

4(-2)

1063(11)

4989(522)

5512(506)

※カッコ内は前年対比数

人身事故の特徴(全523件中)

事故類型

追突事故:418件(79.9パーセント)

主な事故原因

前方不注視:261件(49.9パーセント)

動静不注視:150件(28.6パーセント)

安全不確認:62件(11.8パーセント)

ハンドル・ブレーキ操作不適:34件(6.5パーセント)

※前方不注視―わき見運転のこと

※動静不注視―前は見ていたものの考え事や漫然としていたこと

お問い合わせ

高速道路交通警察隊 

電話:048-832-0110(代表)