ホーム > 交通安全 > 交通事故防止 > 子どもの交通安全

ここから本文です。

更新日:2020年10月27日

子どもの交通安全

子どもたちを交通事故から守るため、基本的な交通ルール(道路の正しい歩き方、安全な横断の仕方、信号の正しい見方等)を理解させるための取り組みを進めています。

園児・児童の皆さんへ

習慣にしましょう「4つの約束」

止まる・見る・待つ・確かめる

1.止まる

道路を渡る前に、必ず止まりましょう。

2.見る

飛び出しは大変危険です。

右・左の安全をよく見て確かめましょう。

3.待つ

右・左の信号が赤になっても前の信号が青になるまで待ちましょう。

4.確かめる

渡るときは、もう一度、車やバイクが来ないか確かめましょう。

保護者の皆さんへ

子どもの交通安全は、まず日常の家庭生活において考えることが大切です。

1.交通安全は家庭から

いつも子どもとふれあっている保護者の皆さんは、交通安全の良き指導者です。「家族全員で子どもを交通事故から守る」という自覚を持つことが大切です。

2.通学路を一緒に歩きましょう

新入学(園)児のお子様をもつ保護者の皆さんは、入学前にお子様と一緒に通学路を歩き、道路の正しい歩き方、安全な横断の仕方、信号の正しい見方等の基本的な交通ルールをお子様に伝えてください。

3.自転車は車両の仲間です

就学前や低学年で、自転車に乗ることができるお子様もいますが、交通ルールや安全な乗り方をしっかり覚えるまでは、大人が見守る中で自転車に乗せるようにしましょう。
また、安全のために自転車乗車用ヘルメットを着用させましょう。

道路遊びは危険です‼

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛などもあり、子供が道路で遊んだり、キックボードなどの遊具を使用している姿が見受けられます。

これらの行為は、道路交通法で「道路での禁止行為」に該当する場合があります。

道路は車や歩行者が通行する場所であり、道路で遊んだり、遊具を使用することは、交通事故に遭ったり、騒音などの思わぬトラブルになることもあります。

道路上での遊びに夢中になっている時は車が近づいてきても気が付きません。

道路は危険な場所です。

公園や広場で安全に遊びましょう。

これは全部交通違反です。

交通違反です。

道路で遊戯中の死傷者数(小学生以下)

死傷者数(小学生以下)

 

お問い合わせ

交通総務課