ホーム > 運転免許 > 運転免許に関するその他のご案内 > 準中型免許とは

ここから本文です。

更新日:2017年4月12日

準中型免許とは

平成29年3月12日(日曜日)から準中型免許制度が施行されました。

免許制度の改正

道路交通法の一部改正により、自動車の種類として準中型自動車(車両総重量3.5トン以上7.5トン未満)が設けられ、これに対応する免許の種類として準中型自動車免許(以下「準中型免許」という。)が新設され、平成29年3月12日に施行されました。

準中型免許制度の新設に伴い、運転できる自動車の制限、運転免許試験の受験資格が下表のようになりました。

免許の区分

普通自動車

準中型自動車

中型自動車

大型自動車

受験資格

18歳以上

18歳以上

20歳以上、

普通免許等保有2年以上

21歳以上、

普通免許等保有3年以上

車両総重量

3.5トン未満

3.5トン以上

7.5トン未満

7.5トン以上

11トン未満

11トン以上

最大積載量

2トン未満

2トン以上

4.5トン未満

4.5トン以上

6.5トン未満

6.5トン以上

乗車定員

10人以下

10人以下

11人以上29人以下

30人以上

準中型免許Q&A

Q:普通免許で運転できる自動車の上限が引き下げられましたが、改正前に取得していた普通免許は施行後どうなるのですか?

A:施行日前に受けていた普通免許については既得権が保護され、改正前と同じ範囲の大きさの自動車を運転することができます。

施行日前の普通免許保有していた方の免許は、法施行後は準中型(5t)限定免許とみなされますので、引き続き

  • 車両総重量:5トン未満
  • 最大積載量:3トン未満
  • 乗車定員:10人以下

の車両を運転することができます。

施行日前に受けていた普通免許証は、改めて切り替え手続する必要はなく、施行後に免許証を更新すると、免許証の免許種類欄の普通免許が準中型免許に変更され、免許の条件欄に、「準中型車で運転できる準中型車は準中型(5t)に限る」と記載されます。

Q:5トン限定を解除し、準中型免許がほしいのですが、どのような手続が必要ですか?

A:5トン限定の準中型免許を限定解除するには、次の2つの方法があります。

  • 運転免許センターで準中型自動車に関する限定解除審査を受けて解除する。
  • 指定自動車教習所で所定の教習を受け、技能審査に準じた審査に合格した後、教習所で発行する技能審査合格証明書を運転免許センターに持参して解除する。

※準中型免許取得に必要な教習時間は、技能教習4時間以上(AT限定の普通免許の場合、技能教習8時間以上)

Q:準中型免許の適性試験や適性検査はどのような基準なのですか?

A:準中型免許の適性試験及び適性検査は、

  • 視力
  • 深視力
  • 聴力
  • 運動能力

について、中型免許及び大型免許と同じ合格基準で行います。

Q:改正前の普通免許を持っている人は、5トン限定の準中型免許とみなされるとのことですが、免許更新の際、適性検査はどうなるのですか?

A:5トン限定の準中型免許の適性検査については、経過措置により、改正前の普通免許と同じ合格基準で行い
ます。ですから、免許更新時の視力検査等の基準も改正前の普通免許と同じです。

お問い合わせ

運転免許課 

電話:048-543-2001(代表)