ホーム > 申請・届出 > 申請手続のご案内 > 交通 > 道路使用許可に関する申請手続

ここから本文です。

更新日:2018年10月31日

道路使用許可に関する申請手続

道路使用許可とは

 道路は本来「人・車両の通行」のためのものですが、本来の目的以外に道路を使用することがやむを得ないものについては、交通上の支障等の審査を受けて、道路使用許可を受けることができます。

 申請によっては不許可になる場合もあります。

許可種別

許可対象行為

1号許可

道路においての工事若しくは作業

例)道路工事、水道管等埋設工事、架空線作業、マンホール作業、献血、ゴンドラ作業、搬出

  入作業など

2号許可

道路に石碑、銅像、広告板、アーチその他これらに類する工作物の設置

例)横断幕の設置、飾付けの設置など

3号許可

場所を移動しないで、道路に露店、屋台店その他これらに類する店を出店するとき

4号許可

公安委員会が定めたもの

例)祭礼行事、ロケーション、消防等訓練、募金活動、ビラ配り、街宣活動、車両装飾、路上

  競技など

 許可対象行為になるかの問い合わせは、各警察署にお願いします。(警察署の連絡先)  

申請書類

  • 申請書 2通(申請書のダウンロード
  • 申請場所の位置図 2通
  • 申請場所の見取り図 2通 
  • 申請行為を具体的に説明する資料 2部
  • その他警察署長が必要と認めた書類(申請先警察署に問い合わせてください) 2部

審査手数料

 審査手数料として2,500円かかりますので、埼玉県証紙で納めてください。

 埼玉県証紙は警察署でも購入できます。

 ※注意事項

 1 審査手数料ですので「不許可になった」「祭礼等が中止になった」などの理由では返金できません。

 2 他の都道府県証紙や国の証紙は不可です。

申請先

 申請場所を管轄する警察署に申請してください。

 ただし、駅伝やマラソンなどのように2以上の警察署の管轄にわたる場合は、出発地を管轄する警察署に申請してください。

 ※注意事項

  1 埼玉県警察で許可を出せるのは、埼玉県内のみです。

    道路工事、マラソン、駅伝などで県をまたぐ場合、当該場所を管轄する警察本部の警察署(都内であ

        れば警視庁の警察署、群馬であれば群馬県警の警察署など)にも許可申請をしてください。

  2 工事等で警察に申請する「道路使用許可」と道路管理者に申請する「道路占用許可」の両方が必要と

   なる場合には、各申請書を警察署長又は道路管理者の窓口に一括して提出することができます。

    なお、申請書の訂正等がある場合には、改めて窓口にお越しいただくことがあります。また、道路管

   理者に申請する道路占有許可申請書の記載方法等に関するお問い合わせは、各道路管理者にお願いしま

   す。

申請受付日時及び問い合わせ先

書類を提出する警察署の交通課にお問い合わせください警察署の連絡先
申請受付日 :月曜日から金曜日(祝祭日及び12月29日から1月3日を除く。)

申請受付時間:午前8時30分から午後0時00分まで

       午後1時00分から午後5時15分まで

ページの先頭へ戻る