ホーム > 運転免許 > 交通違反時の点数制度 > 交通違反に付ける点数

ここから本文です。

更新日:2020年6月30日

交通違反に付ける点数

交通違反は「交通違反の点数・反則金等の一覧表」に示す数字の違反点数が基礎点数としてつけられます。

このうち、特に危険性の高い悪質な違反として、酒酔い運転、麻薬等運転、救護義務違反、妨害運転(著しい交通の危険)は、1回の違反でも3年間の免許取消し、また、酒気帯び運転(0.25ミリグラム以上)、過労運転、妨害運転(交通の危険のおそれ)等は、25点の点数が付けられ、2年間の免許取消しとなります。

1点、2点又は3点の違反は、それらの点数が累積されて、所定の点数【「処分の基準点数」を参照】に達すると、行政処分の対象となります。ただし、「違反者講習」の基準点に達した方が講習を受講した場合、「違反者講習」の通知の対象になった点数と、以降の違反点数とは合算されません。

情報発信元

運転管理課