ホーム > 交通安全 > 交通事故防止 > 自転車を安全に利用するために > [解説]自転車に幼児を同乗させる場合の人数と方法

ここから本文です。

更新日:2018年10月12日

[解説]自転車に幼児を同乗させる場合の人数と方法

自転車に幼児を同乗させる場合、誤った方法で乗せたり、定員を超えて乗車してしまうとバランスを崩しやすく大変危険です。
同乗させる場合は、下記のルールを守りましょう。

普通自転車

  • 運転者が16歳以上で、幼児用座席に6歳未満の幼児1人を乗せる場合
  • 運転者が16歳以上で、4歳未満の幼児をひもなどで確実に背負っている場合

2rinori

幼児二人同乗用自転車

  • 運転者が16歳以上で、幼児を2人同乗させることができる構造や装置がある自転車(幼児二人同乗用自転車)に、6歳未満の幼児2人を乗せる場合
  • 運転者が16歳以上で、幼児二人同乗用自転車の幼児用座席に6歳未満の幼児1人を乗車させ、かつ、4歳未満の幼児をひも等で確実に背負っている場合

3ninnnori

お問い合わせ

交通総務課 

電話:048-832-0110(代表)