ホーム > 運転免許 > 高齢者講習 > 高齢者講習のご案内(誕生日が8月12日以降のかた)

ここから本文です。

更新日:2017年5月17日

高齢者講習のご案内(誕生日が8月12日以降のかた)

誕生日が8月11日までのかたは、高齢者講習のご案内(誕生日が8月11日までのかた)をご確認ください。

法定講習

満70歳以上のかたは、運転免許証の更新申請前に高齢者講習の受講等が義務付けられています。
年齢によって手続が異なりますので、以下をご確認ください。

  1. 更新期間が満了する日における年齢が70歳以上75歳未満のかた(法定講習)
  2. 更新期間が満了する日における年齢が75歳以上のかた(法定講習)

 1.更新期間が満了する日における年齢が70歳以上75歳未満のかた(法定講習)

満70歳以上のかたは、運転免許証の更新申請前に高齢者講習を受講してください。
講習は、有効期間満了日の6か月前から受講できます。

講習実施場所と予約方法

予約が集中する場合があるので、講習のお知らせ(有効期間満了日の6か月前ころに送付されます。)が届いたら速やかに予約し、受講してください。
講習実施場所(県内の教習所)と空き状況については、実施場所と空き状況一覧へ。
安全運転学校(運転免許センター4階)(PDF:406KB)でも実施しています。

免許種別

普通以上、二輪、原付

小型特殊のみ

手数料

4,650円

2,000円

時間

2時間

1時間

内容

  • 双方向型講義とビデオによる座学(30分)
  • 検査器を使って行う運転適性の指導(30分)
  • 教習所のコース内運転指導(60分)
    ※教習所の車両を運転していただきます。
    希望によってマニュアル車、オートマ車を選べます。
    ※原付希望の場合は、予約時にご確認ください。
  • 双方向型講義とビデオによる座学(30分)
  • 検査器を使って行う運転適性の指導(30分)

※平成29年3月12日道路交通法の一部改正に伴い、高齢者講習の時間等が変更となりました。

※条件付車両を使用されているかたはご相談ください。
※合格・不合格はありません。受講後、「高齢者講習終了証明書」が交付されます。

講習内容

  • 座学では、車社会の実態や交通事故の特徴、安全運転の心構えと基礎知識等を学びます。
  • 運転適性指導では、検査器材による検査結果に基づいて指導します。
  • 運転指導では、実際に車を運転していただいた結果に基づいて指導します。

 2.更新期間が満了する日における年齢が75歳以上のかた(法定講習)

運転免許証の更新申請前に講習予備検査と高齢者講習を受講してください。
講習は、有効期間満了日の6か月前から受講できます。

講習実施場所と予約方法

予約が集中する場合があるので、講習のお知らせ(有効期間満了日の6か月前ころに送付されます。)が届いたら速やかに予約し、受講してください。
講習実施場所(県内の教習所)と空き状況については、実施場所と空き状況一覧へ。
安全運転学校(運転免許センター4階)(PDF:406KB)でも実施しています。

認知機能検査

 

認知機能検査

手数料

650円

時間

30分

検査終了後、総合点によって次のように判定されます。

※採点の時間をお待ちいただきますのでご了承ください。

1

49点未満 記憶力・判断力が低くなっています

2

49~76点未満 記憶力・判断力が少し低くなっています

3

76点以上 記憶力・判断力に心配ありません
  • 検査結果によって講習内容・時間・手数料等が変わります。
  • 認知機能検査と高齢者講習を別の日に実施する場合と引き続き同日に実施する場合がありますので、詳しくは各教習所にご確認ください。

認知機能検査に関する詳細、検査内容等について

高齢者講習

認知機能検査の結果(総合点)によって、高齢者講習の受講内容及び手数料が次のとおり分かれます。

  1. 「49点未満」
  2. 「49~76未満」
  3. 「76点以上」
 1.「49点未満」、2.「49~76点未満」

免許種別

普通以上、二輪、原付

小型特殊のみ

手数料

7,550円

4,300円

時間

3時間

2時間

内容

  • 講義(30分)
  • 視力等の適性検査(30分)
  • 教習所のコース内運転指導(60分)
    ※教習所の車両を運転していただきます。
    希望によってマニュアル車、オートマ車を選べます。
    ※原付希望の場合は、予約時にご確認ください。
  • 個別指導(60分)
  • 講義(30分)
  • 視力等の適性検査(30分)
  • 個別指導(60分)
 3.「76点以上」

免許種別

普通以上、二輪、原付

小型特殊のみ

手数料

4,650円

2,000円

時間

2時間

1時間

内容

  • 講義(30分)
  • 視力等の適性検査(30分)
  • 教習所のコース内運転指導(60分)
    ※教習所の車両を運転していただきます。
    希望によってマニュアル車、オートマ車を選べます。
    ※原付希望の場合は、予約時にご確認ください。
  • 講義(30分)
  • 視力等の適性検査(30分)

 

※条件付車両を使用されているかたはご相談ください。
※合格・不合格はありません。受講後、「高齢者講習終了証明書」が交付されます。

講習内容

  • 座学では、車社会の実態や交通事故の特徴、安全運転の心構えと基礎知識等を学びます。
  • 運転適性検査では、検査器材による検査結果に基づいて指導します。
  • 車の運転指導では、実際に車を運転していただいた結果に基づいて指導します。

任意講習等

運転免許証の更新を受けようとするかたが、次に掲げる講習終了証明書を提出した場合は、前記の「法定講習」が免除されます。
更新期間が満了する日における年齢が70歳以上のかたの手続方法には、以下の2通りがあります。

(注)免許更新時に下記の講習終了証明書を持参しても、更新時の適性検査の結果により更新できない場合があります。

1.講習が免除される終了証明書【特定任意高齢者講習終了証明書】

(注)更新期間が満了すると、無効になります。

  1. 特定任意高齢者講習終了証明書(シニア)
    更新期間満了日の前6か月以内に終了したもの
  2. 特定任意高齢者講習終了証明書(簡易)
    更新期間満了日の前6か月以内に終了したもの
    • 特定任意高齢者講習(簡易)は、チャレンジ講習結果確認書の交付を受けて6か月以内に受講することができます。ただし、認知機能検査結果によっては、チャレンジ講習が受けられない場合もあります。

※75歳以上のかたは、講習前に認知機能検査を受検する必要があります。

特定任意高齢者講習(シニア・簡易)の資料(PDF:531KB)

認知機能検査に関する詳細、検査内容等について

2.講習が免除される終了証明書【運転免許取得者教育高齢者(高齢者講習同等)終了証明書】

(注)更新期間が満了すると、無効になります。

更新期間満了日の前6か月以内に終了したものであることが必須となります。

内容等

都道府県公安委員会が高齢者講習の代替講習として認定した指定自動車教習所などの民間の運転者教育機関が国家公安委員会規則に定められている基準に合わせて行う任意の安全運転再教育で、講習時間は3時間以上となっています。

講習に関する詳しい照会先

埼玉県運転免許センター

  • 運転免許課講習係
  • 電話:048-543-2001(代表)
  • 平日(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始を除く。)午前8時30分から午後5時15分までの間

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

運転免許課 

電話:048-543-2001(代表)