ホーム > 埼玉県警について > 各警察署の連絡先 > 川口警察署 > 注意喚起情報等 > 詐欺電話情報

ここから本文です。

更新日:2024年2月15日

詐欺電話情報

電話でお金の話が出たら詐欺です。

被害に遭わないために自宅の固定電話は在宅中も留守番電話に設定し、不審な電話に出ない対策をしましょう。

還付金詐欺

2月12日(月曜日)

川口市内で、税務署職員を装う者から「定額減税支援で税の払戻金があります」等の詐欺電話が確認されています。
電話でお金の話が出たら詐欺です。

犯人は、この後、銀行やコンビニなどのATMに誘導して電話で指示しながらお金を振り込ませようとするほか、銀行員などを装う者が訪問し、カードを新しくする等言い、暗証番号を巧みに聞き出し、キャッシュカードを騙し取ろうとしてきます。

被害を防ぐために大切なことは、犯人からの電話に出ないことです。

自宅の固定電話は在宅中も留守番電話に設定して、相手の声が確認できるまで電話に出ないなどの対策をしましょう。

また、ご自分のご家族はもちろん、ご近所のかたにも、是非この情報を知らせてあげてください。

なお、携帯電話を使用しながらATMを操作している人を見かけたら、声をかけて、詐欺被害防止にご協力をお願いします。

オレオレ詐

1月29日(月曜日)

川口市内で、親族を装う者から「お金がないから、家まで取りに行く。」等のオレオレ詐欺の電話が確認されています。
電話でお金の話が出たら詐欺です。

被害を防ぐために大切なことは、犯人からの電話に出ないことです。

自宅の固定電話は在宅中も留守番電話に設定して、相手の声が確認できるまで電話に出ないなどの対策をしましょう。

また、ご自分のご家族はもちろん、ご近所のかたにも、是非この情報を知らせてあげてください。

預貯金詐欺

1月12日(金曜日)

川口市で、家電量販店店員を装う者から「あなた名義のクレジットカードで買い物をした者がいる」等の詐欺電話が確認されています。

この手口では、その後、警察官や銀行協会を装う者から電話や訪問があり、キャッシュカードの交換をするなどと言い、言葉巧みにキャッシュカードを騙し取ろうとします。

被害を防ぐために大切なことは、犯人からの電話に出ないことです。

在宅中も留守番電話に設定し相手が確認できるまでは電話に出ない等の対策をしましょう。

また、ご自分の家族はもちろん、ご近所のかたにもこの情報を知らせてください。

情報発信元

川口警察署  生活安全課