ホーム > 運転免許 > 運転免許証の更新手続 > 埼玉県公安委員会を経由しての更新手続

ここから本文です。

更新日:2016年6月10日

埼玉県公安委員会を経由しての更新手続

県外の方が埼玉県で更新したい場合

近年の生活圏の広がりの中で、運転免許更新者によっては、住所地を管轄する公安委員会へ申請するよりも、勤務先等である他の公安委員会へ申請した方がより便利であるという人が増加しています。

埼玉県で申請する絵

埼玉県以外の都道府県公安委員会から通知があった更新連絡書に「優良」と記載のある方は、埼玉県公安委員会(埼玉県警察運転免許センター)を経由して、更新手続をすることができます。

申請できる方

経由申請手続のできる方は、優良運転者のみです。
ただし、次の方は優良運転者であっても経由申請ができません。

  • 免許証に身体の障がいによる条件を付与された方(眼鏡、補聴器使用のかたは除く。)
  • 免許証の記載事項変更(本籍・住所・氏名等の変更)の届出申請を併せて行う方
  • 免許証の再交付申請を併せて行なう方

申請期間

申請期間は誕生日の1か月前から誕生日までの1か月間です。

可能な申請期間を示す絵

誕生日を過ぎると申請できません。誕生日が休日に当たる場合は誕生日前の平日に手続をしてください。

申請時間

日曜日・月曜日から金曜日
(土曜日・国民の祝日に関する法律に規定する休日、12月29日から翌年の1月3日までの日は休みです。)

午前8時30分~11時00分、午後1時00分~3時30分

申請窓口

運転免許センター2階

※埼玉県における受付場所は運転免許センターのみです。

住所:埼玉県鴻巣市鴻巣405番地4

電話:048-543-2001(代表)

運転免許センターへのアクセス

埼玉県で手続に必要なもの

運転免許証

持参しない方は申請手続ができません。
※IC免許証を発行しているため、暗証番号(4ケタの数字2組)が必要です。

更新連絡書
(更新通知はがき)

免許用写真

  • タテ3.0cm×ヨコ2.4cm、白黒・カラーを問わない
  • 申請前6か月以内に撮影
  • 無帽,正面,上三分身,無背景

眼鏡等

視力等の検査を行ないます。メガネや補聴器等を必要とされる方は持参してください。

手数料

更新手数料(2,500円)

この手数料は、あなたの住所地の収入証紙が必要です。
事前に準備したうえでご持参ください。
(住所地が東京都である方は、「免許証更新手数料納入済通知書」)
※持参しない場合は、更新手続ができません。

経由手数料(550円)

この手数料は、埼玉県の収入証紙(申請窓口に有り)で納入します。

講習手数料(500円)

新免許証の交付

新運転免許証は、埼玉県で申請した日から3週間を経過した日以降に、住所地の公安委員会が交付します。代理の方(委任状が必要)でも受領できます。
また、交通安全協会へ代理受領(郵送等交付)の申込みをすることができます(別途手数料が必要です)。

注意事項

更新期間が満了する日における年齢が70歳以上の方は、高齢者講習を受講し、高齢者講習終了証明書が必要です。また、更新期間が満了する日における年齢が75歳以上の方は、高齢者講習の前に、講習予備検査(認知機能検査)を受ける必要があります。

住所地の公安委員会で、適性検査を再度実施する場合がありますが、その場合はあらためて通知します。

詳しいことは、次のところへお問い合わせください。

平日(日曜、土曜、休日、年末年始除く)。午前8時30分から午後5時までの間
埼玉県警察運転免許センター
電話:048-543-2001(代表)

優良運転者を目指して、安全運転に努めましょう

お問い合わせ

運転免許課 

電話:048-543-2001(代表)