ホーム > 埼玉県警について > 組織紹介 > 交通事故現場で活躍する警察官

ここから本文です。

交通事故現場で活躍する警察官

県警では、当事者が怪我を負った交通事故や、ひき逃げ事件などの現場に出動し、交通事件事故の捜査にあたる専門の警察官が活動しています。

内容

勤務員の服装

従来、交番やパトカーで勤務する警察官と同じ制服で現場に出動していましたが

  • 道路上で活動する際、通行中のドライバーに対する視認性を向上させ、二次的な事故を防ぐため
  • 交通事件事故専門の警察官であることが一目で分かるようにするため

という理由から、平成24年から交通事故捜査勤務員専用の制服が導入されました。

交通事故捜査勤務員の制服

事故捜査車両

交通捜査勤務員は、通常のパトカーではなく、ワンボックス型の車で現場臨場します。
では、なぜワンボックス型でなければならないのでしょうか。

危険の回避

交通事故の捜査では、車が行き交う道路上で事故の当事者から状況説明を聞く必要があるなど危険が多く、当事者や警察官が二次的な交通事故に遭わないようにするために、事件事故の発生を知らせる掲示板を、より高い位置に表示する必要があるのです。

捜査機材の搭載

交差点などの複雑な道路状況を撮影し、図面化するためのステレオカメラ、夜間の事故現場で地面を明るく照らすことができる投光器、車線を一時的に通行止めにする時に使用するセーフティーコーンなど、捜査に必要な多くの機材を搭載する大きさが必要なのです。

勤務体制

警察署の交通課交通捜査係の勤務員は、ひき逃げ事件の担当と人身事故の担当に分かれています。
人身事故を担当する警察官は交替制の勤務をしており、24時間体制で事故の発生に備えています。

ひき逃げ事故・事件捜査

警察本部の交通部交通捜査課には、死亡ひき逃げ事故等の重大な事件が発生した際、昼夜問わず緊急対応する専門の係が設置されています。
また、交通事故を装った保険金詐欺等の交通特殊事件を担当する係や暴走族捜査を担当する専門の係も設置されています。

交通鑑識班の活動

死亡ひき逃げ事故、多数の車両が関係する死亡事故などの現場では、交通鑑識班が活躍しています。
交通鑑識班は、科学的かつ緻密な捜査手法を駆使し、現場に残された車の塗装の破片や部品の一部から車種を特定したり、事故の状況を分析する専門の係で、警察本部交通部交通捜査課に設置されています。
交通鑑識班の活動写真1交通鑑識班の活動写真2

お問い合わせ

交通捜査課 

電話:048-832-0110(代表)