ホーム > 暮らしの安全 > 山岳情報 > 山岳遭難発生状況・登山情報

ここから本文です。

更新日:2016年5月6日

山岳遭難発生状況・登山情報

山岳遭難発生状況(4月中)

埼玉県内における山岳遭難の発生状況を定期的にお知らせします。

山岳遭難発生状況

発生日

山岳名等

構成員

遭難者
年齢・性別

状況

死傷別

4月16日

武甲山

1人

64歳・男性

滑落

負傷なし

4月23日

滝川

1人

44歳・男性

滑落

負傷

4月23日

両神山

3人

36歳・男性

発病

負傷なし

4月23日

二子山

1人

39歳・男性

道迷い

負傷なし

4月24日

琴平

3人

3歳・男性

転落

負傷

4月26日

二子山

1人

65歳・男性

道迷い

負傷なし

平成28年中(1~4月)の山岳遭難発生状況:9件9人(内訳:死者なし、負傷者4人、負傷なし5人)

危険情報(5月中)

  • 山岳地図を持たずに入山して道に迷う遭難が複数発生しています。インターネットのブログ情報、パンフレット、雑誌のコピーなどではなく、山岳地図を持って、コンパスを使って現在地を確認しながら登山しましょう。また、早めの下山を心掛け、余裕のある登山計画が基本です。
  • 春といえども甲武信ヶ岳(標高2475メートル)、雲取山(標高2018メートル)の山頂付近北側斜面には凍結箇所がまだあるため、アイゼンを確実に持ち歩き利用しましょう。また、実力に合った登山計画を立てましょう。
  • 通行禁止の登山道を無謀に入り、道迷いや滑落事故に遭遇している登山者がいます。マナーを守りましょう。
  • 標高2,000メートルを超える甲武信ヶ岳や雲取山周辺山域でのトレイルランニングは、積雪凍結のため不可能です。冬山登山技術を有する者から指導を受け、適切な区域で実施してください。
  • 甲武信ヶ岳や雲取山の日陰や北斜面では凍結箇所があります。春でもアイゼンは携行しましょう。また、トレイルランニングで山に入る方は、基本的な登山知識(装備、技術)を学んで、転倒・滑落・道迷い事故を起こさないようにしましょう。

※4月28日現在

その他の情報(5月中)

  • 登山届は登山する山を管轄する警察署、登山口設置の登山ポスト等へ提出してください。埼玉県内の山を登山する場合は、埼玉県警察ホームページの登山届電子申請(パソコン、携帯電話)を活用すると便利です。
  • 毎月1月は、三峰神社の行事のため、三峰観光道路が渋滞し路線バスも相当遅延します。路線バスを利用して雲取山へ登山する方は十分に注意してください。
  • 小鹿野町営バスの時刻表が平成25年11月から変更になっています。確認のうえ計画を立てましょう。
  • 横瀬二子山(よこぜふたごやま)(横瀬町)の芦ヶ久保駅から山頂への「学習登山コース」では、初心者が基本を学びながら登山できます。
  • 緊急時、都県境の稜線では、110番や119番が東京都、山梨県、長野県につながることがあります。緊急通報時には、自分の位置情報を正確に伝えてください。(例・「○○県と○○県の境界にある△△山にいます。」)
  • 和名倉山(二瀬尾根~山頂コース)は、秩父山岳連盟により登山道標識を主要地点に設置しました。
  • 熊倉山谷津川林道コースは登山道の崩落消滅により、廃道となりました。
  • 雁坂峠(黒岩尾根コース)川又登山口の登山届提出ポストは改修中のため提出できません。事前に警察署へ送付または電子申請にて提出願います。
  • 外秩父丸山(横瀬町芦ヶ久保)の眺望は、埼玉県指定文化財に指定されました。登山の際には事前にコースやタイムを確認して、道迷いや日没にならないようにしましょう。

※4月28日現在

お問い合わせ

地域課 

電話:048-832-0110(代表)