ホーム > 交通安全 > 交通事故防止 > 高齢者の交通安全 > シルバー・サポーター制度

ここから本文です。

更新日:2020年8月1日

シルバー・サポーター制度

シルバー・サポーター制度とは

この制度は、運転免許を自主的に返納等した高齢者(原則として65歳以上)のかたへの生活支援を目的としたものであり、「高齢者運転免許自主返納ロゴマーク」のある店舗や施設で「運転経歴証明書を提示することで、様々な特典が受けられます。

 

シルバー・サポーター制度協賛事業図

 

 

シルバー・サポーター制度協賛事業所について

「運転免許の自主返納」と「運転経歴証明書」について

運転免許の自主返納

運転免許が不要になったかたや、加齢に伴う身体機能の低下等のため運転に不安を感じるようになった高齢ドライバーのかたは、自主的に運転免許証を返納することができます。

※事故や違反等により免許の停止、取消の対象になっているかた、免許停止中のかたは、申請による取消はできません。

運転経歴証明書

運転経歴証明書は、運転免許証に代わる公的な本人確認書類として利用することができるもので、申請することにより取得することができます。

 

※令和2年4月1日より、「運転経歴証明書交付済シール」が交付されることになりました。このシールは、マイナンバーカードケースに貼付し、マイナンバーカードと一体的に掲示すれば、運転経歴証明書本体を携帯していなくとも、当該証明書が交付済みであることが証明することができます。

シルバー・サポーター制度協賛事業所受付中!

埼玉県警察では、民間企業や自治体を対象に、シルバー・サポーター制度協賛事業所を随時募集しています。

シルバー・サポーター制度協賛事業所への加盟をお考えのかたは下記をご確認ください。

シルバー・サポーター制度協賛事業所へのお知らせ

政府において、マイナンバーカードの普及と利活用の促進を図ることを目的に令和2年4月1日より、運転経歴証明書の交付申請者で希望するかたに対し「運転経歴証明書が交付済であることを表示するシール」の交付が開始されることとなりました。

これにより、運転経歴証明書の本体がなくても、同シールをマイナンバーカードとともに示すことにより、運転経歴証明書が交付済であることが証明できるようになります。

よって、同日以降、同シールをマイナンバーカードと一緒に提示したかたについては、運転経歴証明書を掲示しなくても割引等のサービスをご提供いただきますようお願いします。

 

高齢者運転免許自主返納ロゴマーク

高齢者運転免許自主返納ロゴマーク

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

交通総務課