ホーム > 交通安全 > 交通事故防止 > 交通安全教育・資料等 > 交通安全教育指導班「ふれあい」

ここから本文です。

更新日:2019年8月21日

交通安全教育指導班「ふれあい」

埼玉県警察の交通安全教育指導班「ふれあい」では保育園、幼稚園、各学校や地域での会合等にお伺いして、交通事故防止を呼びかける活動を行っています。

主な内容

  • 幼児…小学校就学前の子どもたちに対し、歩行中の交通事故防止や正しい横断の仕方等を分かり易く行っています。
  • 児童…歩行者と自転車の利用者として、正しい交通ルールについて実技を行いながら分かり易く理解できるように実施しています。
  • 中学生…自転車の正しい交通ルールと交通社会の一員としての他者への思いやりを育めるように、DVD等も含めながら指導しています。
  • 高校生…自転車の他に二輪車、自動車の運転者としての責任についても理解できるようロールプレーイング等も実施しながら指導しています。
  • 運転者…危険の予測や車両の特性等をパワーポイントや映像教材を使用しながら実施しています。
  • 高齢者…高齢者の交通事故の特徴や身体機能の変化を体操等で体験しながら、交通事故防止に役立てるように実施しています。

※ご希望の内容や会場の設備等により、講習内容を検討していますので、ご相談ください。

「ふれあい」からのお願い

1.パトカー・白バイを「ふれあい」では所有していないことから、交通安全教育に伴う車両展示の依頼については、別途会場を管轄する警察署へご相談ください。

2.各種会合における交通安全教育

  • 会の開催趣旨が交通安全教育であること。(いわゆる出し物としての教育は実施しておりません。)
  • 酒席ではないこと。(アルコールの提供がある場合は、お断りさせていただいています。)
  • 食事中ではないこと。

3.車両でお伺いすることから、ワゴン車が駐車できるスペースの確保をお願いしています。

4.日程の都合上、ご希望に沿えない場合があります。

お申込み

交通安全教育指導班「ふれあい」の依頼は、教育を実施する会場を管轄する警察署の交通総務係を通じての申し込みとなります。

派遣を希望される日の3ヶ月前の1日(土日祝を除く)から、電話にて受け付けています。

交通安全教育は、「ふれあい」の他、各警察署交通課交通総務係でも実施しています。

ご希望のかたは、各警察署交通課交通総務係にご連絡ください。

お問い合わせ

交通総務課