ホーム > 暮らしの安全 > 防犯のまちづくり > 街頭防犯カメラシステム

ここから本文です。

更新日:2017年11月2日

街頭防犯カメラシステム

埼玉県警察では、街頭犯罪対策として街頭防犯カメラシステムを運用しています。

システムについて

さいたま市大宮区の大宮駅東口地区に街頭防犯カメラ40台を設置(平成26年2月1日から運用開始)し、カメラの画像は、設置地区を管轄している大宮警察署に送られています。

管理・運用

「埼玉県警察街頭防犯カメラシステム運用要綱」を制定し、厳格に運用しています

  • 総括責任者以下、権限を限定した各責任者の管理の下、個人のプライバシーを不当に侵害することがないよう慎重を期しています。
  • 街頭防犯カメラの設置箇所には「設置表示(ステッカー)」により、防犯カメラが設置されていることを明示しています。

街頭防犯カメラシステムの活用状況を、半年ごとに埼玉県公安委員会に報告しています。

画像データの利用状況(平成29年1月から6月まで)

画像データ利用回数

50回(被害状況の確認などに利用しました。)

主な活用事例

  • 埼玉県迷惑行為防止条例違反事件
  • 傷害事件
  • 窃盗事件

など

街頭防犯カメラ

(写真:街頭防犯カメラ)

お問い合わせ

生活安全企画課 

電話:048-832-0110(代表)