ホーム > 埼玉県警について > 各警察署の連絡先 > 大宮東警察署

ここから本文です。

大宮東警察署

活動フォトレポート

大宮商業高校1

2020年6月17日

自転車マナーアップ推進校への指定書の交付(6月17日)

埼玉県立大宮商業高等学校

大宮東警察署では、今年度、片柳中学校、大宮東高校、大宮商業高校の3校を自転車マナーアップ推進校として指定し、令和2年6月17日(水曜日)、大宮商業高校に対して指定書を交付しました。
自転車マナーアップ推進校の指定の目的は、中学生、高校生が自転車で安全に道路を通行するための必要な技能、知識を習得するとともに、学校単位の自主的な自転車事故防止活動を促進し、自転車事故の抑止を図ることです。

見沼区における交通事故発生状況は、6月17日現在、交通死亡事故死者1人(前年同数)、人身事故158件(前年比-8件)、物件事故1,134件(前年比-186件)となっています。乗り物別の死傷者は、自動車92人(前年比-14人)、二輪車23人(前年比+4人)、自転車55人(前年-8人)、歩行者19人(前年比+2人)となっています。
当署では、自転車の死傷者は減少していますが、自転車関連死亡・重傷事故(平成20年から平成30年)のうち、自転車の運転者の7割に法令違反があるという特徴があります。また、自転車乗用中のヘルメット非着用は致死率が約2.5倍になるという統計結果(平成21年から平成30年)があるので、ヘルメットを着用しましょう。

交通事故が発生した場合は、負傷者を救護し、道路における危険防止措置を講じるとともに110番をするなどして必ず警察に報告しましょう。事故の相手が大丈夫と言って立ち去ったとしても、事故を申告しなかった場合、運転手は救護措置義務違反、事故不申告などで処罰を受けてしまいます。

交通ルールを改めて見直し、思いやりのある運転を心掛け、交通事故の防止に努めましょう。自転車保険の加入が義務化となっているので、ご家族で加入の有無を確認しておきましょう。

災害復旧協定1

2020年6月5日

災害復旧活動の支援に関する協定

大宮東警察署

令和2年6月5日、大宮東警察署は災害発生時に迅速な復旧活動を可能にするため、埼玉県道路使用適正化協会大宮東支部と「災害復旧活動の支援に関する協定」を締結しました。
県警と同協会が協定を締結することは初めてです。
同支部には、道路を使用する建設、土木事業所等が加盟しており、今回の協定には23事業所が参加しています。
当署からの要請により同支部は、見沼区内での災害復旧活動支援のため、重機等を現場に派遣します。

 

関連情報

大宮東警察署建物外観画像

住所

〒337-8501
さいたま市見沼区大字風渡野35番地1

電話番号

048-682-0110

地図を拡大する

アクセス情報

・自動車等をご利用の場合

県道さいたま春日部線七里駅入口交差点から岩槻方向へ約500m
東北自動車道岩槻ICから約1.4km

・公共交通機関をご利用の場合

東武野田線七里駅から、徒歩15分

ページの先頭へ戻る