ホーム > 暮らしの安全 > サイバー犯罪 > 埼玉サイバーセキュリティ推進会議 > 埼玉サイバーセキュリティ推進会議

ここから本文です。

更新日:2017年9月11日

埼玉サイバーセキュリティ推進会議

概要

インターネットが社会経済活動に不可欠な社会基盤として定着する中で、インターネットバンキングを利用した不正送金事案の多発や、警察に寄せられるサイバー犯罪関連の相談件数の急増など、サイバー空間における脅威は増大しています。こうした情勢を踏まえ、埼玉県内に所在する「産」「学」「官」の関係機関等が連携し、それぞれが得意とする分野における専門知識や知見を持ち寄り、社会全体でサイバー空間の脅威に対処し、県民の安全と安心を確保することを目的として設立されました。

イベント情報

現在募集中のイベントはありません。

設置要綱

設置要綱(PDF:442KB)

参加機関、団体等

参加機関、団体等(PDF:415KB)

発表資料

H28中高生の情報セキュリティ意識に関するアンケート結果(PDF:4,393KB)

H27学生の情報セキュリティ意識に関するアンケート結果(PDF:3,694KB)

埼玉サイバーセキュリティ推進会議からのお知らせ

不正送金被害防止対策はお済みですか?(「サイバー犯罪」のページへ)

LINEのアカウント乗っ取り被害が急増しています(「サイバー犯罪」のページへ)

推進会議のあゆみ

平成29年度埼玉サイバーセキュリティ推進会議定期総会

日時:平成29年5月31日(水曜日)午後2時00分から午後4時00分

場所:プリムローズ有朋(カトレア)

講演:演題「サイバー空間における驚異の情勢-2016年を振り返る-」

講師 サイバーディフェンス研究所 情報分析部長 大徳 達也 氏

実演:サイバー犯罪に関するデモンストレーション

埼玉県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課

H29総会

第7回サイバーセキュリティセミナーの開催【約150名のかたに参加いただきました。】

日時:平成29年8月10日(木曜日)午後1時30分から午後4時30分

場所:浦和コルソ7階ホール

テーマ:子供が主役のサイバーセキュリティセミナー

第1部

講演「正しく怖がるインターネット」

グリー株式会社 小木曽 健 氏

第2部

グループワーク「インターネットの落とし穴~トラブルはこうして生まれる~」

参加者:越谷市立大袋小学校の児童5名、久喜市立本町小学校の児童5名、

越谷市立平方中学校の生徒5名、富士見市立本郷中学校の生徒5名、

埼玉県立鴻巣高等学校の生徒5名、私立浦和実業学園高等学校の生徒5名

ファシリテータ:埼玉県ネットアドバイザー6名

総合司会:グリー株式会社 小木曽 健 氏

第3部

パネルディスカッション「ネットの安全 大人の考え 子供の考え」

パネリスト:越谷市立蒲生第二小学校 校長 中台 正弘 氏

越谷市立平方中学校 校長 大西 久雄 氏

埼玉県立浦和高等学校 教員 木戸 俊吾 氏

埼玉県立鴻巣高等学校PTA会長 上間 美奈子 氏

戸田市立新曽中学校PTA副会長 山口 百百 氏

コーディネータ:グリー株式会社 小木曽 健 氏

7回セミナー1 7回セミナー2

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

サイバー犯罪対策課

電話:048-832-0110