ホーム > 埼玉県警について > 各警察署の連絡先 > 寄居警察署 > 「架空請求詐欺」に注意

ここから本文です。

更新日:2020年6月11日

「架空請求詐欺」に注意

現在、寄居警察署管内において身に覚えのない請求の電話やメールが届く「架空請求詐欺」事案を多く認知しています。

架空請求詐欺の手口

「有料動画の未納料金があります。」

「早急に支払わないと(連絡しないと)裁判になります。」

などのメールを送信し、メール内に記載された連絡先に連絡させ、

「コンビニエンスストア等で電子マネーを○○円分購入してくください。購入した電子マネーに記載された番号の画像をメール送信して(番号を電話で教えて)ください。」

等と指示して、電子マネーの権利を奪うものです。

最近では、「ウエブマネーカード」を購入させる手口も発生しています。

被害に遭わないために~身に覚えのない請求には応じない~

有料動画の料金やインターネットの利用料金等で、電子マネーを購入するよう指示するのは詐欺の手口です。

  • メールが届いてもすぐには連絡しない
  • 電子マネーを購入するよう指示されても購入しない

まずは警察に相談してください。

不審な電話・メールが届いたら必ず110番してください。

 

 

お問い合わせ

寄居警察署