ホーム > 埼玉県警について > 各警察署の連絡先 > 深谷警察署 > 注意喚起情報等 > 侵入窃盗の防犯対策を見直してみましょう

ここから本文です。

更新日:2023年12月1日

侵入窃盗の防犯対策を見直してみましょう

留守宅に侵入する『空き巣』のほか、在宅時に侵入する『居空き』や夜間就寝時に侵入する『忍込み』など、在宅時であっても注意が必要です。

深谷管内では、空き家を対象にした侵入窃盗被害も増加傾向にあります。

侵入窃盗は、窓ガラスを割って侵入する手口が多いほか、トイレ・風呂などの小さな無締まりの窓や二階の窓など、思いがけないところからの侵入にも注意が必要です。

被害に遭わないために

  • 外出する際は必ず玄関や窓は施錠する
  • 家の中に居るときでも玄関や勝手口は施錠する
  • 地面に防犯砂利を敷く、人感センサーライト・防犯カメラなどを設置する
  • 窓にシャッター、補助錠、防犯フィルム、強固な面格子を設置する
  • 勝手口の上下スライド式の窓も確実に施錠する

など、家族で侵入されないための対策を話し合ってみてください。

いつ被害に遭うか分かりませんので、他人事だと思わずに、万全の対策を実施しましょう。

情報発信元

深谷警察署