ホーム > 埼玉県警について > 各警察署の連絡先 > 秩父警察署 > その他 > 埼玉県警察山岳救助隊

ここから本文です。

更新日:2022年9月16日

埼玉県警察山岳救助隊

埼玉県警察山岳救助隊は、平成3年3月14日、山岳遭難事故等に迅速、的確に対応するため発足し、地域課長を隊長として秩父警察署、小鹿野警察署勤務員らの人命救助に関する専門的な訓練や教養を受けた32名で構成されています。

主な任務は山岳遭難者の捜索、救出及び救護活動山岳遭難事故の防止に関する活動です。

詳しくは、埼玉県警察の山岳救助隊ニュースをご覧ください。

山岳救助隊からのお願い

1

活動状況

 

1

令和4年9月7日(秋は山岳遭難が多発傾向)

県内の山岳遭難は、9月から11月にかけ多くなる傾向にあります。

日没が早くなる季節ですので、ヘッドライトを忘れずに携行してください。

 

 

1

令和4年8月4日(水の事故を防ぐために)

夏も本番となりました。

この時期は、川でのレジャーなどで多くの人が秩父を訪れるとともに、水の事故が多発します。

ライフジャケットの着用、飲酒時は水に入らないなど、基本的なルールを守って楽しみましょう。

 

 


 

情報発信元

秩父警察署