ホーム > 埼玉県警について > 各警察署の連絡先 > 飯能警察署 > その他 > 交通死亡事故の発生

ここから本文です。

更新日:2021年10月13日

交通死亡事故の発生

交通死亡事故の概要(4件目)

令和3年10月2日午後11時35分ころ、飯能市大字坂石地内において自動二輪車による交通死亡事故が発生しました。

事故概要は、国道299号において秩父方向から入間方向へ進行中の自動二輪車が対向車線にはみ出し、道路下に転落、自動二輪車の運転手(21歳)が亡くなりました。

交通死亡事故の概要(3件目)

令和3年8月11日(水曜日)午前10時22分ころ、日高市大字森戸新田地内において原動機付自転車と準中型貨物車の関係する交通死亡事故が発生しました。

事故概要は、国道407号において、鶴ヶ島方面から入間市方面に進行中の原動機付自転車(運転手62歳、男性)が信号機付きの交差点を右折する際、対向車線を進行中の準中型貨物車(運転手49歳、男性)に衝突、原動機付自転車の運転手が亡くなりました。

交通死亡事故の概要(2件目)

令和3年2月22日(月曜日)午後1時17分ころ、飯能市大字双柳地内において普通乗用車と中型貨物車の関係する交通死亡事故が発生しました。

事故概要は、国道299号線において、秩父方向から入間市方向へ進行中の普通乗用車(運転手87歳、男性)が対向車線にはみ出し、対向車線を進行中の中型貨物車(運転手42歳、男性)に衝突、普通乗用車の高齢運転手が亡くなりました。

交通死亡事故の概要(1件目)

令和3年1月23日(土曜日)午後零時10分ころ、飯能市大字長沢地内で軽乗用車2台と大型貨物車1台の合計3台が関係する交通死亡事故が発生しました。

事故概要は、国道299号線の吾野トンネル内において、軽乗用A(運転手70歳、男性)が右カーブを進行中、対向車線にはみ出し、対向から進行してきた大型貨物車(運転手48歳、男性)と衝突、さらに軽乗用車Aは衝撃で元の車線にはね返され、後ろから来た別の軽乗用車B(運転手44歳、男性)と衝突しました。この事故で、軽乗用車Aの運転手が亡くなりました。

飯能警察署からお願い

⑴国道299号での交通死亡事故が多発しています!

国道299号はカーブが多く、高速度での走行は大変危険です。

交通事故は他人事ではありません!運転する際は、「命」を守るために交通ルールを守ることはもちろん、「早めの出発、ゆとりの運転」を心掛け、運転に集中して、他車や歩行者等に優しい運転を心掛けましょう。

⑵埼玉県内では、高齢者の交通死亡事故が多発しています!

埼玉県内では、昨年の約1.6倍のペースで交通死亡事故が発生しており、その内の約6割を高齢者で占めています。

歩行者も車も交通ルールを守って交通事故を防ぎましょう。

keirei2

情報発信元

飯能警察署