ホーム > 埼玉県警について > 各警察署の連絡先 > 所沢警察署 > 統計資料 > 所沢警察署管内の特殊詐欺の発生状況

ここから本文です。

更新日:2021年10月21日

所沢警察署管内の特殊詐欺の発生状況

所沢市内の特殊詐欺被害状況(令和3年9月末・暫定値)

特殊詐欺被害件数

特殊詐欺(手口別)

件数

前年同期比

17件

-8件

オレオレ

9件

1件

預貯金

2件

-7件

架空料金請求

0件

0件

融資保証金

0件

0件

還付金

3件

-1件

キャッシュカード詐欺盗

3件

-1件

その他

0件

0件

振り込め詐欺の主な手口

オレオレ詐欺

警察官、金融機関職員等を装い「あなたの口座が犯人に使用されています。」、「犯人を捕まえたらあなたの名義のキャッシュカード、通帳を持っていた。」等と電話をかけ、「カードを新しくする必要がある。」、「警察官がカードを受け取りに行く。」と言って、現金(キャッシュカード)を要求します。

息子や孫などの親族を装い「荷物を間違って送ってしまった。」、「会社の金を使い込んでしまった。」、「いくらならすぐに用意できるか。」等と電話をかけ、「今すぐお金が必要である。」という話を切り出し、現金を要求します。

還付金等詐欺

市役所や税務署などの職員を装い「医療費(保険金)の還付金の払い戻し金があります。」等と電話をかけ、「手続は今日までです。」等と急がせた上、「携帯電話を持って、近くのATMに行ってください。」とATMに誘導し、還付金受取りの手続を装って送金させます。

架空料金請求詐欺

「有料サイトの未納料金があります。」、「裁判を取り下げるには示談金が必要だ。」、「ご利用料金の確認が取れておりません。NTTファイナンスお客さまサポートまでご連絡ください。」等と架空の事実の文書やメールを送り付けるなどして、現金や電子マネーのIDを要求します。

「介護施設に優先的に入れる権利があります。権利を譲ってください。」等と架空の話を持ちかけ、その後、「名義貸しは犯罪だ。」等と言って、弁護士費用、保釈金を名目に現金を要求します。

振り込め詐欺に騙されないために

電話に出ないことが有効です!

在宅中でも留守番電話設定、自動通話録音装置等の活用

犯人は自分の声が録音されることを嫌がります、また自動通話録音装置を活用することによって「通話内容を録音しています。」と警告メッセージが相手に流れます。

電話番号通知サービスの活用

知らない番号や、番号非通知の場合には電話に出ないようにしましょう。

コンビニ等で電子マネーを購入は詐欺

未納料金の支払いに電子マネーを購入して番号を教えることは詐欺です。

すぐに家族または警察に相談してください。

★家族や地域のみんなで振り込め詐欺被害を防止しましょう★

情報発信元

所沢警察署