ホーム > 埼玉県警について > 各警察署の連絡先 > 草加警察署 > その他 > テロを許さない街づくりのために

ここから本文です。

更新日:2021年8月16日

テロを許さない街づくりのために

概要

埼玉県警察では、官民一体となって、テロを許さない街づくりに取り組んでいます。

オリンピック・パラリンピックの成功に向けて(テロ対策「彩の国」ネットワーク)

草加警察署の取組

令和2年2月18日(火曜日)、草加警察署では、管内の行政機関・民間事業者・関係団体等15団体からなる『草加警察署テロ対策「彩の国」ネットワーク』を設立しました。

本ネットワークを通じテロの未然防止に関する情報共有や相互連携の強化、広報啓発活動等を行い、官民一体となった「テロを許さない街づくり」を推進していきます。

設立総会写真

 

駅構内におけるテロ対処訓練の実施

令和2年10月14日(水曜日)、つくばエクスプレス八潮駅構内において、不審者が爆発物の疑いのあるバッグを放置し、立ち去るとの想定に基づき、駅職員と連携した避難誘導、立入規制を実施するとともに、爆発物容疑物件に対する初動措置、不審者に対する職務質問及び制圧検挙等の訓練を実施しました。

yashiokunnren

 

ライフライン施設における不審者対処訓練の実施

令和3年6月21日(月曜日)、草加警察署管内のライフライン施設内において、不審者が侵入したとの想定に基づき、ライフライン施設職員と連携した施設内点検、不審者に対する職務質問、制圧検挙等の訓練を実施しました。

terotaishokunnrenn

 

 

 

 

広報用チラシ

・私たちは不審者・不審物を見逃さない(PDF:904KB)

情報発信元

草加警察署