ホーム > 埼玉県警について > 活動報告 > 警察署協議会の活動概況 > 新座警察署協議会開催概要 > 令和2年第2回新座警察署協議会開催概要

ここから本文です。

更新日:2020年12月8日

令和2年第2回新座警察署協議会開催概要

開催日

令和2年11月18日(水曜日)

開催場所

新座警察署会議室

出席者

協議会委員:会長以下9人

警察署:署長、警務課長、交通課長、生活安全課長

議題

  1. 前回諮問事項の答申に対する業務推進状況(報告)
  2. 管内の犯罪情勢(報告)
  3. 年末年始に向けた過去の犯罪抑止対策(報告)
  4. 年末年始に向けた犯罪抑止対策(諮問)

議事の概要

報告

警察署から、次のとおり報告があった。

⑴.前回諮問事項「新入学(園)児に対する交通事故抑止対策」の答申に対する業務推進状況

ア、子どもが関係する交通事故発生状況(令和元年中)

イ、幼稚園、保育園、小学校、PTA、関係団体と連携した通学路の警戒活動

    • 小学校の分散登校に合わせ、午前2回、午後2回の合計4回、通学路における警戒活動を実施
    • 警察本部交通機動隊員と協働した通学路警戒活動を実施

ウ、交通安全施設点検の実施及び整備状況

    • 横断歩道の移設
    • 横断歩道の新設、移設及び補修予定

エ、交通ルールに不慣れな新入学(園)児及び保護者に対する交通安全教育の推進

    • 新座市交通防犯課及び同市教育委員会と協力し、新入学児童に対して交通安全教育のパンフレットの配付を実施

オ、スクールゾーン及びその周辺での交通指導取締りの強化

⑵.管内の犯罪情勢

ア、刑法犯、侵入窃盗、自転車盗、万引き、特殊詐欺認知状況(1月から9月)

イ、各犯罪の多発場所及び多用手口

⑶.年末年始に向けた過去の犯罪抑止対策

  • パトカーや制服警察官による見せる警戒活動を実施
  • 自治会との合同パトロールを実施
  • 特殊詐欺被害防止、ひったくり防止キャンペーン等を実施
  • 万引き防犯診断を実施

諮問

署長から、「年末年始に向けた犯罪抑止対策」に関し、住民の視点に立った意見について諮問があった。

答申

協議会から、次のとおり答申があった。

  • 夜間時間帯や繁華街での制服警察官やパトカーによる見せる警戒活動を強化してください。
  • 犯罪被害防止に関する各種活動や防犯指導等を強化してください。

意見、要望

委員から

  • 今年の年末年始は、新型コロナウィルスの感染防止の観点から、大掛かりな活動は難しいことから、少人数で複数回の警戒活動を行う計画を立てているので、その際には警察官も同行していただきたい。
  • まとまっての活動ができない状況ならば、個々人レベルから防犯意識を高め、犯罪を実行し難い街づくりを進めてみてはいかがでしょうか。例えば、ジョギングをしている人やペットと散歩している人に防犯に関するバッジやシール、たすきなどをつけてもらい防犯意識の高さを外部にアピールするなど、なるべく費用を掛けないようにできないものでしょうか。
  • かつての防犯連絡所、警察官立寄所等の表示を一般住宅にも拡大することはできないでしょうか。表示する際には、立派でなくても新しいものが良いと思います。
  • 新座市で行っているいわゆる青パトの運用を夜間にまで延長するように要望できないでしょうか。
  • 夜間、暗い箇所をなるべく少なくするように、照明設置の働きかけやパトロールを実施していただきたい。
  • 犯罪を意図している人は、インターネットを頻繁に利用していると考えられるので、防犯意識の高さをインターネットでもアピールしてはいかがでしょうか。
  • 新型コロナウィルス感染の影響で子どもの在宅時間が延び、有り余る情報の中には危険なものもあり、子どもが罠にかからないように、保護者も勉強し情報に強くなる必要を感じています。警察、学校も保護者や子どもの相談、指導に協力してほしいと思います。

等の発言や質問があり、質問について警察署から説明があった。

情報発信元

新座警察署