ホーム > 埼玉県警について > 活動報告 > 警察署協議会の活動概況 > 新座警察署協議会開催概要 > 令和3年第2回新座警察署協議会開催概要

ここから本文です。

更新日:2021年12月10日

令和3年第2回新座警察署協議会開催概要

開催日

令和3年11月19日(金曜日)

開催場所

新座警察署会議室

出席者

協議会委員:会長以下8人

警察署:署長以下5人

議事概要

報告

警察署から、次のとおり報告があった。

1 前回諮問事項「東京オリンピック・パラリンピック開催中における体感治安の維持のための警察活動につ

 いて」の答申に対する業務推進状況

 ・東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた風俗環境浄化対策を推進

 ・隣接する警視庁田無警察署との合同地域安全運動を実施

 ・小学校における下校時間帯の見守り活動を推進

 ・地域住民への犯罪被害者抑止座談会の実施

 ・特殊詐欺被害防止のためのATM警戒を推進

 ・ミニ広報誌を活用した巡回連絡を推進

 ・東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会における会場、駅周辺の警戒を実施

 ・歩行者の安全を確保するため駐留による歩行者保護活動を実施

 ・新座警察署、朝霞警察署、警視庁石神井警察署の3警察署合同による交通キャンペーンを実施

 ・薄暮時間帯での反射材配布等の交通安全啓発活動を推進

 ・リモートによる市内企業向けの交通安全講話を実施

2 令和3年交通死亡事故等の発生状況及び抑止活動

 ・高齢ドライバーによる交通事故発生実態

 ・新座警察署管内における交通死亡事故の発生概要

 ・交通事故抑止に向けた啓発活動の実施

諮問

署長から、「高齢者対策を中心とした交通事故抑止活動」について、住民の視点に立った意見について諮問があった。

答申

協議会から次のとおり答申があった。

○関係団体と協同して、歩行者が車両から早期に発見できる反射材等を配布した指導啓発活動を推進して

ください。

○交通事故発生状況等を掲載した交通安全ニュースや高齢者にむけた内容のミニ広報紙を作成し、自治体

等を通じて情報発信するなどの対策を推進してください。

○高齢者の所属する自治団体、サークル等における高齢者向けの交通安全教育を推進させてください。

意見・要望

委員から

横断歩道がすぐ近くにあっても、これを利用せず道路を横断する人がいるため、歩行者に対する交通指導

も強化していただきた。

車両の脇をすり抜けるバイクが多いので、危険な運転をするバイクに対する取締りを強化してもらいた

い。

高齢者のいる家庭にも、普段から外出の際は目立つ服を着用させるなどの啓発活動も必要なのではない

か。

自治会やサークルに所属しない高齢者もいるので、巡回連絡等を通じて交通事故の発生状況を知らせ

ることも必要なのではないか。

道に迷っている高齢者等を発見した際、どのように警察に通報したらよいのか。

先日、交通事故の当事者になったが、警察は迅速に対応してくれたので感謝の意を伝えたい。

等の質問及び発言があり、警察署からの質問について説明があった。

情報発信元

新座警察署