ホーム > 埼玉県警について > 活動報告 > 警察署協議会の活動概況 > 新座警察署協議会開催概要 > 令和2年第1回新座警察署協議会開催概要

ここから本文です。

更新日:2020年5月13日

令和2年第1回新座警察署協議会開催概要

開催日

令和2年1月31日(金曜日)

開催場所

新座警察署会議室

出席者

協議会委員:会長以下7人

警察署:署長、副署長、警務課長、留置管理課長、会計課長、生活安全課長、刑事課長、交通課長、地域総務係長、警備係長

議題

  1. 前回諮問事項の答申に対する業務推進状況(報告)
  2. 令和元年各課業務推進状況(報告)
  3. 新入学(園)児に対する交通事故抑止対策(報告)
  4. 新入学(園)児に対する交通事故抑止対策(諮問)

議事概要

報告

警察署から、次のとおり報告があった。

⑴.前回諮問事項「年末年始に向けた犯罪抑止対策」の答申に対する業務推進状況

ア.夜間時間帯や繁華街での制服やパトカーによる見せる警戒活動の強化

  • 制服警察官による街頭での徒歩警らを強化
  • 夜間時間帯に駅周辺の繁華街において、集団で制服警察官が徒歩警らを実施
  • パトロールの際に犯罪情勢等の講話を実施し、防犯意識、意欲の向上を図った上で、子どもたちも交えた自治会との合同パトロールを実施
  • 昼夜を問わず、赤色灯を点灯したパトカーの見せる警戒走行を実施

イ.犯罪被害防止に関するキャンペーン活動や防犯指導等の強化

  • 管内量販店やスーパーなど市民が集まる場所において、各種犯罪被害防止に関するキャンペーンを実施
  • 万引き被害防止に特化した商品の陳列方法、防犯カメラの作動状況等に関する防犯指導を実施
  • 新座市暴力追放・地域安全市民大会において地域安全功労者に対する表彰や特殊詐欺に対して「防犯落語」を実施
  • 成人式では本部交通機動隊の派遣を受け会場内外の警戒を実施

⑵.令和元年各課業務推進状況

  • 刑法犯、自転車盗、特殊詐欺認知状況及び犯罪検挙状況
  • 術科大会成績及び警察官募集状況
  • 遺失、拾得取り扱い状況
  • 留置施設収容状況
  • パトロール、巡回連絡、自転車盗対策等各種地域活動状況
  • 災害対応及び防犯訓練実施状況
  • 交通事故発生状況及び交通事故抑止対策実施状況

⑶.新入学(園)児に対する交通事故抑止対策

ア.子どもの交通事故の特徴

  • 管内での交通事故発生状況
  • 「一人歩きデビュー」の時期

イ.子どもを事故から守るための方策

  • 一緒に歩きながら親が行う交通ルール、安全確保方策の教育
  • 関係機関と連携した保護誘導活動及び通学路の安全点検の実施
  • 新入学(園)児及びその保護者に対する交通安全教育の実施
  • 通学路における交通指導取締り

諮問

署長から、「新入学(園)児に対する交通事故抑止対策」に関し、住民の視点に立った意見について諮問があった。

答申

協議会から、次のとおり答申があった。

  • 幼稚園・保育園、小学校、PTA、関係団体等と連携した通学路の警戒活動やガードレール等の交通安全施設の点検など、各種交通安全対策を推進してください
  • 交通ルールに不慣れな新入学(園)児及び保護者に対する交通安全教育を推進してください
  • 新入学(園)児の通学路における交通の安全を確保するため、スクールゾーン及びその周辺での交通指導取締りを強化してください

意見、要望

委員から

  • 今後、オリンピック、パラリンピックが開催されるが、その際に、意思疎通を図るための外国語について何らかの対策を考えているのでしょうか
  • 発生が多い侵入窃盗は住民が遭遇する可能性もある危険性の高い犯罪であり、犯人を捕まえるための情報を市民の側から提供し、協力していく必要があるのではないでしょうか
  • 通学路の警戒活動は、下校時のほうが交通ルールが守られず、危険な状態にあるように思うので登校時はもちろん、下校時も行うべきではないでしょうか
  • 安全教育を新入学(園)児に対して行うことはもちろんですが、子どもは日常生活を共にしている親の姿を見て真似をすることから、親に対する交通安全教育を再徹底してはいかがでしょうか
  • 交通取締りは、スクールゾーンのみで行うのではなく、その周辺道路に範囲を広げて、新入学(園)児に脅威を及ぼすような危険な運転をする者に対しても行ってはいかがでしょうか
  • 新入学(園)児の交通事故防止対策は時間の経過とともに、その効果が薄れたり、慣れによって交通ルールが守られなくなってくることから、時期をとらえて繰り返し実施してください

等の発言や質問があり、質問については警察署から説明があった

情報発信元

新座警察署