ホーム > 運転免許 > 交通違反時の点数制度 > 点数の計算方法

ここから本文です。

更新日:2014年12月25日

点数の計算方法

交通違反や交通事故を起こしたその都度、点数が付けられ、個人別に電算登録されます。

点数は、交通違反や交通事故を起こした日から、過去3年以内のものが合算されます。

違反者講習を受講した場合

過去3年以内に拒否、保留及び取消、停止等の行政処分歴や、違反者講習若しくは行政処分の基準点に該当する違反行為がなく、かつ重大事故唆し(そそのかし)、道路外致死傷がない方が、軽微(基礎点数が3点以下)な違反行為を行って累積点数が6点となった場合は違反者講習の対象となり、指定期間内にこの講習を受講すると免許の停止処分にはならず、さらに講習対象となった6点は以降の点数に合算されません。

違反者講習を受講しなかった場合

免許の停止処分を受けなければなりません。この場合、停止処分者講習は受講できなくなり、運転免許の停止期間の短縮はされません。
なお、違反者講習を受講しない方が、それ以外に他の違反行為を行っていた場合は、通常の処分期間+30日(加重)の処分となります。

お問い合わせ

運転管理課 

電話:048-543-2001(代表)