ホーム > 運転免許 > 交通違反時の点数制度 > ひき逃げやあて逃げに付される点数

ここから本文です。

更新日:2014年12月25日

ひき逃げやあて逃げに付される点数

交通事故を起こした者が負傷者の救護など必要な措置を取らなかった場合は、交通事故の点数のほかに、さらに次の表の点数が加算され、救護義務違反を伴う場合は、直ちに3年以上の取消し点数に達することとなります。

ひき逃げやあて逃げに付される点数

違反の種別

点数

死傷事故の場合の救護措置義務違反(ひき逃げ)

35(基礎点数)

物損事故の場合の危険防止等措置義務違反(あて逃げ)

5(付加点数)

例:信号無視(違反点数2点)+死亡事故(責任の程度が重い20点)+ひき逃げ(35点)⇒取消し7年(合計57点)
例:酒酔い運転(35点)+死亡事故(責任の程度が重い20点)+ひき逃げ(35点)⇒取消し10年(合計90点)
例:危険運転致傷(治療期間3ヶ月以上55点)+ひき逃げ(35点)⇒取消し10年(合計90点)
取り消し点数の例の画像

お問い合わせ

運転管理課 

電話:048-543-2001(代表)