ホーム > 交通安全 > 道路交通法の改正情報 > 改正道路交通法の施行(平成19年9月19日)

ここから本文です。

更新日:2014年12月25日

改正道路交通法の施行(平成19年9月19日)

改正道路交通法の施行(平成19年9月19日)-飲酒運転等に対する罰則の引き上げなど

1.飲酒運転等に対する罰則の引上げ

飲酒運転、酒気帯び運転の罰則の引上げ

現行法規(施行日・期限)

改正内容

酒酔い運転

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

酒気帯び運転

1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

酒酔い運転下命容認

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

酒気帯び運転下命容認

1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

麻薬等運転の罰則の引上げ

現行法規(施行日・期限)

改正内容

麻薬運転等

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

麻薬等運転下命容認

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

過労運転等の罰則の引上げ

現行法規(施行日・期限)

改正内容

過労運転等

1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

過労運転等下命容認

1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

飲酒検知拒否罪の罰則の引上げ

現行法規(施行日・期限)

改正内容

30万円以下の罰金

3月以下の懲役又は50万円以下の罰金

2.飲酒運転幇助行為に対する罰則規定整備

車両等を提供する行為等の禁止、処罰

現行法規(施行日・期限)

改正内容

運転者が酒酔い運転

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

運転者が酒気帯び運転

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

酒類を提供する行為の処罰

現行法規(施行日・期限)

改正内容

運転者が酒酔い運転

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

運転者が酒気帯び運転

2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

要求・依頼して飲酒運転されている車両等に同乗する行為の禁止、処罰

現行法規(施行日・期限)

改正内容

運転者が酒酔い運転

(酒酔い状態であることを認識)

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

運転者が酒酔い運転又は酒気帯び運転

(上記以外)

2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

※同乗禁止の対象となる車両から、旅客自動車運送事業の用に供する自動車で当該業務に従事中のもの及び自動車運転代行業の適正化に関する法律に規定する代行運転自動車は除外する。

3.救護義務違反に対する罰則の引上げ

現行法規(施行日・期限)

改正内容

5年以下の懲役又は50万円以下の罰金

10年以下の懲役又は100万円以下の罰金

お問い合わせ

交通企画課 

電話:048-832-0110(代表)