ホーム > 交通安全 > 交通事故防止 > 平成29年秋の全国交通安全運動

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

平成29年秋の全国交通安全運動

1.目的

本運動は、広く県民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、県民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的に実施します。

2.実施期間

平成29年9月21日(木曜日)から30日(土曜日)までの10日間

3.統一行動

  • 9月21日(木曜日)街頭広報の日
  • 9月22日(金曜日)飲酒運転根絶の日・反射材着用推進の日
  • 9月30日(土曜日)交通事故死ゼロを目指す日

4.スローガン

人も車も自転車も、安心・安全、埼玉県

5.運動重点

(1)全国重点

  • 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
  • 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
  • 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  • 飲酒運転の根絶

(3)埼玉県重点

高齢者の交通事故防止

(4)市町村重点

市町村の交通安全対策協議会等は、上記の重点のほか、地域の交通事故実態等に即して必要があるときは市町村重点を定めます。

6.運動の進め方

県、市町村及び関係機関・団体は、相互に連携、協力し合い、本要綱に基づき、それぞれの実情に即した広報活動などを行い、全ての県民に運動について周知を図るとともに、この運動への参加意識を高め、幅広い県民運動として展開する。

7.主な推進事項

(1)子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止

子供及びその保護者、高齢運転者を含む高齢者の交通安全意識の高揚を図るとともに、県民総ぐるみで子供及び高齢者等に対する保護意識の醸成を図る。

  • 保護者から子供への安全教育の推進
  • 通学路等における子供の安全確保
  • ドライバーに対する高齢者事故の特徴を踏まえた安全教育の推進
  • 高齢歩行者の死亡事故の特徴を踏まえた安全教育の推進
  • 身体機能や認知機能の変化が運転に及ぼす影響等を踏まえた安全教育の推進
  • セーフティ・サポートカーS(サポカーS)の普及促進
  • 運転免許証の自主返納制度等の周知徹底

(2)夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止

反射材等の着用を促進するとともに、早めのライト点灯を推進し、夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故を防止する。

  • 自転車運転者に対する夕暮れ時と夜間における反射材等の着用促進
  • 自転車や自動車の早めのライト点灯の推進
  • 自動車運転者に対する夜間の対向車や先行車がいない状況におけるハイビームの使用の推進
  • 子供(高校生以下の者)の乗車用ヘルメット着用の徹底
  • 高齢者の乗車用ヘルメット着用の促進

(3)全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

後部座席を含めた全ての座席においてシートベルトとチャイルドシートの正しい着用を徹底し、交通事故発生時における被害の防止、軽減を図る。

  • 全ての座席におけるシートベルトとチャイルドシート着用義務の周知徹底
  • シートベルト及びチャイルドシートの正しい使用方法の周知徹底
  • 高速乗り合いバス等の全ての座席におけるシートベルトの着用義務の周知徹底

(4)飲酒運転の根絶

飲酒運転は「しない、させない、ゆるさない」を合言葉に、運転者をはじめ広く県民に対し、飲酒運転の悪質性や危険性、飲酒運転による交通事故の悲惨さを訴え、意識改革を進め、飲酒運転を根絶する。

  • 飲酒運転の悪質性、危険性を踏まえた安全教育の推進
  • 飲食店等における運転者への酒類提供禁止の徹底及びハンドルキーパー運動の促進
  • 自動車運送事業者等に対するアルコール検知器の使用等による飲酒運転の根絶に向けた取組の推進

(5)高齢者の交通事故防止《埼玉県重点》

高齢運転者を含む高齢者の交通安全意識の高揚を図るとともに、高齢者に対する思いやりのある運転を推進する。

  • ドライバーに対する高齢者事故の特徴を踏まえた安全教育の推進
  • 高齢歩行者の交通死亡事故に特徴を踏まえた安全教育の推進
  • 身体機能や認知機能の変化が運転に及ぼす影響等を踏まえた安全教育の推進
  • セーフティ・サポートカーS(サポカーS)の普及促進
  • 運転免許証の自主返納制度等の周知徹底

8.実施要領

本運動は、交通事故を防止するため、全ての県民が交通ルールを遵守し、正しい交通マナーの実践を習慣付けるなど交通安全意識の向上を目指しています。

運転者・家庭・学校・職場・地域ぐるみで交通事故ゼロを目指しましょう。

自動車等の運転者

  • 子供や高齢者の近くを走行するときは、スピードを落とす、ゆとりを持った距離をとるなど思いやりのある運転を心掛けましょう。
  • 高齢者マークを付けている自動車を見かけたときは、その動きに注意し、思いやりのある運転を心掛けましょう。
  • 学校等の周辺では、十分に速度を落として運転するとともに、通学時間帯にスクールゾーンを通行することはやめ、交通ルールを遵守しましょう。
  • 夕暮れ時は前照灯を早めに点灯させ、速度を抑えて運転しましょう。
  • 夜間の対向車・先行車がいない状況では、前照灯の上向き点灯(ハイビーム)を積極的に使用しましょう。
  • 同乗者全員が正しくシートベルトを着用していることを確認し出発しましょう。
  • 幼児には、体格に合ったチャイルドシートを正しく使用しましょう。
  • 児童には、体格によりシートベルトを正しく着用できないときは、ジュニアシート等を使用しましょう。
  • 出発前には、シートベルトの高さや緩みの調整、チャイルドシート等の取り付け方やハーネス(肩ベルト)の締付け具合等を確認しましょう。
  • 飲酒運転や運転中におけるスマートフォンの使用は絶対にやめましょう。

自転車の運転者

  • 原則車道を走行し、やむを得ず歩道を走る場合は、歩行者優先を遵守しましょう。
  • 自転車は車両であるとの認識を持ち、交通ルールを遵守し、損害賠償保険に加入しましょう。
  • 二人乗りや並進、運転中の傘差し、イヤホン、スマートフォン等の使用は絶対にやめましょう。
  • 安全のために乗車用ヘルメットを着用しましょう。
  • 夕暮れ時や夜間に外出するときは、反射材を身に付け、明るく目立つ色の衣服を着用しましょう。
  • 前照灯は、夕暮れ時から早めに点灯させ、夜間は必ず点灯させましょう。

高齢者

  • 加齢に伴う身体機能や認知機能の変化等を踏まえた交通安全教室等に積極的に参加し、交通ルール等を再確認するとともに、自身の身体機能や認知機能の変化を認識しましょう。
  • 道路を横断するときや、交差点を通行するときは「相手が止まるだろう」などと優先意識を持たず、自分の目でしっかり安全を確認しましょう。
  • 夕暮れ時や夜間に外出するときは、反射材を身に付け、明るく目立つ色の衣服を着用しましょう。
  • 車両の直前・直後の横断は、やめましょう。
  • 70歳以上の運転者は、高齢者マークを使用しましょう。
  • 自身の身体機能や認知機能の変化が運転に及ぼす影響を考え、自動ブレーキ及びペダル踏み間違い時加速抑制装置の搭載されたセーフティ・サポートカーS(サポカーS)の利用又は、運転免許証の自主返納を検討しましょう。

家庭

  • 「もしかして・とまる・みる・まつ・たしかめる」を合言葉に、子供に交通ルールやマナーを守る態度を身に付けさせましょう。
  • 通学路を子供と一緒に歩くなど、実践的に安全な通行方法を教えるとともに、日頃から子供のお手本となる行動をとりましょう。
  • 子供(高校生以下の者)が自転車を運転する時は、乗車用ヘルメットの着用を徹底させ、高齢者が自転車を運転する時は、乗車用ヘルメットの着用を勧めましょう。
  • 子供が自転車の損害賠償保険に加入しているか確認し、加入していない場合は保険に加入しましょう。
  • 夕暮れ時や夜間に外出するときは、反射材を身に付け、明るく目立つ色の衣服を着用するよう、声を掛け合いましょう。
  • 加齢に伴う身体機能や認知機能の変化等を踏まえて、自動ブレーキ及びペダル踏み間違い時加速抑制装置の搭載されたセーフティ・サポートカーS(サポカーS)の利用又は、運転免許証の自主返納等について話し合う機会を設けましょう。
  • 自転車の前照灯は、夕暮れ時から早めに点灯させ、夜間は必ず点灯させるよう、声を掛け合いましょう。
  • 歩きながらのスマートフォンやゲーム機等の操作、あるいは歩きながら音楽を聴くことの危険性について話し合いましょう。
  • 飲酒運転の危険性や悪質性、飲酒運転による交通事故の悲惨さについて話し合いましょう。
  • 家族が飲酒後の帰り道で交通事故に遭うことのないように、時間をみて連絡して様子をうかがうようにしましょう。

学校

  • 通学路等の危険個所を再確認し、児童・生徒の安全な通行環境を確保しましょう。
  • 交通ルール遵守と交通マナーの必要性を理解させ、交通安全意識を高めるため、子供と保護者が一緒に学ぶ参加・体験・実践型の交通安全教室等を開催しましょう。
  • 夕暮れ時や夜間に外出するときは、反射材を身に付け、明るく目立つ色の衣服を着用するよう指導しましょう。
  • 自転車の前照灯は、夕暮れ時から早めに点灯させ、夜間は必ず点灯させるよう、指導しましょう。
  • 歩きながらのスマートフォンやゲーム機等の操作、あるいは歩きながら音楽を聴くことの危険性について具体的に指導しましょう。
  • 自転車を運転する時は、乗車用ヘルメットを着衣するよう指導しましょう。
  • 自転車の二人乗りや並進、運転中の傘差し、イヤホン、スマートフォン等の使用は絶対しないよう指導しましょう。

職場

  • 朝礼や行事の機会を活用し、子供と高齢者の行動特性等を教育し、子供、高齢者の近くを走行するときは、スピードを落とす、ゆとりを持った距離をとるなど思いやりのある運転を指導しましょう。
  • 飲み会等があるときは、自動車を通勤等に利用している人に飲酒運転は絶対しないように事前に指導するとともに、帰宅時にはタクシーや運転代行事業者等を利用するよう指導を徹底しましょう。
  • 二日酔い等による飲酒運転を防止するため、アルコール検知器を活用し、飲酒運転の防止を徹底しましょう。
  • 運転中におけるスマートフォンの使用は絶対しないよう指導しましょう。

地域

  • 町内会などの各種会合の機会を活用し、高齢歩行者の死亡事故の特徴や、加齢に伴う身体機能や認知機能の変化等を踏まえた交通安全教室を行うなど、地域の交通安全意識の向上を図りましょう。
  • 夕暮れ時や夜間に外出する時は、反射材を身に付け、明るく目立つ色の衣服を着用するよう声を掛け合いましょう。
  • 酒類販売店や飲食店当と協力して、地域から飲酒運転を根絶しましょう。

事業者

  • 高速乗合バス及び貸し切りバス等の乗客に対して、シートベルト着用の重要性をよく周知し、全ての座席でのシートベルトの着用を徹底しましょう。
  • タクシーの利用者に対して、全ての座席でシートベルト着用を徹底しましょう。

飲食店等

  • 車両での来店を確認し、運転者に酒類を提供しないなど、ハンドルキーパー運動を推進しましょう。
  • 運転者が飲酒していることがわかった場合は、運転代行事業者等を利用させるよう徹底しましょう。

お問い合わせ

交通企画課 

電話:048-832-0110(代表)