ホーム > 暮らしの安全 > 暴力団対策 > 暴力団犯罪の検挙・中止命令等の発出状況 > 令和2年の主な中止命令事案

ここから本文です。

更新日:2021年1月26日

令和2年の主な中止命令事案

みかじめ料要求行為

指定暴力団員が、縄張り内の飲食店経営者に対し、「開店して3年も経っているけど連絡がない。どうなっているんだ。俺たちは地元を守っている。」等と告げ、金品を要求した。

脱退妨害行為

指定暴力団員が、脱退を希望している者に対し、「そんな簡単に辞めれねえぞ。辞めた奴は、みんな追い込みかかって自殺しているからよ。」等と告げ、暴力団組織から脱退することを妨害した。

物品購入等要求行為

指定暴力団員が、縄張り内の飲食店に対し、「うちの飾りを持ってきました。1万2千円です。」等と告げ、物品の購入を要求した。

 

不当要求への具体的対応要領は、公益財団法人埼玉県暴力追放・薬物乱用防止センター(別ウインドウ)をご覧ください。

前のページへ戻る

情報発信元

捜査第四課