ホーム > 暮らしの安全 > 子供・女性・高齢者等の安全 > ストーカー・DV > リベンジポルノの概要と被害防止ポイント

ここから本文です。

更新日:2019年3月28日

リベンジポルノの概要と被害防止ポイント

このページの掲載内容

 リベンジポルノは犯罪!

リベンジポルノは犯罪!

 私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律について

近時、交際中に撮影した元交際相手や元配偶者の裸などの性的画像を撮影された人の同意なく、インターネット上に公表するなど、いわゆるリベンジポルノなどの嫌がらせ行為により、被害者が長期にわたり多大な精神的苦痛を受ける事案が多数発生していることなど、そうした被害を防止するため、加害者に最高懲役3年を科すことを柱とした

私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律

が制定され、平成26年11月27日に施行されました。

 私事性的画像とは

私事性的画像とは、撮影された人が第三者に見られることを認識せずに撮影された

  • 性交・性交類似行為
  • 他人が撮影対象者の性器等を触る行為又は撮影対象者が他人の性器等を触る行為で、性欲を興奮、刺激するもの
  • 衣服の全部又は一部を着けない姿態で、殊更に性的な部位が露出され又は強調されているもので、かつ、性欲を興奮、刺激するもの

が記録された、電子情報や有体物(例えば、私事性的画像を記録したUSBメモリなど)のことです。

 罰則について

(1)公表罪

撮影対象者を特定することが出来る方法で私事性的画像を不特定若しくは多数の者に提供し、又は公然と陳列したもの

⇒3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

※親告罪となります

(2)公表目的提供罪

(1)の行為をさせる目的で私事性的画像を提供した場合(例えば、SNS等によって拡散目的で特定少数者に提供する行為)

⇒1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

※親告罪となります

 被害にあわないように

~こんな心当たりはありませんか~

  • 交際相手から裸の写真を撮らせてと言われている
  • インターネットに裸の写真を掲載されてしまった
  • 復縁しないと裸の写真をばら撒くといわれているなど

~被害にあわないためには~

交際中に、交際相手に

  • 下着姿や裸等の写真や動画等を撮らせない
  • 下着姿や裸等の写真や動画等を求められても、自分で撮影しない、渡さない

を徹底してください。

 相談したいとき

もし、あなたが

  • 元交際相手からインターネットに裸の写真を掲載されてしまった
  • 元交際相手から「復縁しないと裸の写真をばら撒く」と脅された

などの被害にあってしまったら、ひとりで悩まずにお近くの警察署に相談を! 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

人身安全対策課