ホーム > 暮らしの安全 > 犯罪情報官NEWS(メールマガジン・情報官日報)のご案内 > 犯罪情報官ニュース(メールマガジン・情報官日報・特殊詐欺日報)のご案内 > 令和6年6月20日(木曜日)の特殊詐欺被害等認知状況

ここから本文です。

更新日:2024年6月21日

令和6年6月20日(木曜日)の特殊詐欺被害等認知状況

特殊詐欺被害認知件数(1月から本日まで)

認知件数 前年同日比
627件 +83件

6月20日(木曜日)の特殊詐欺被害認知件数(6件)

オレオレ詐欺(2件)

預貯金詐欺(キャッシュカード手交型)(0件)

架空料金請求詐欺(2件)

還付金詐欺(1件)

融資保証金詐欺(0件)

その他(1件)

キャッシュカード詐欺盗(すり替え型)(0件)

内訳

特殊詐欺被害の状況(6月20日(木曜日)認知のうち、主なもの)

手口 被害者市町村 名乗り/犯行手段 被害額 概要
架空料金請求詐欺 さいたま市岩槻区 携帯電話 現金80万円 6月9日午前8時30分ころ、被害者のスマートフォンに未納料金調査会社を名乗る男から「音楽等のサービスに登録されており、未納料金があります」「裁判を行う手続きが進んでいます」「今お金を振り込めば裁判をしなくて済みます」などと電話があり、誤信した被害者は、同日午前9時30分ころから午後1時30分ころまでの間、2回にわたり、川口市内の金融機関において、指定口座に現金合計80万円を振り込んだもの。

 

  • この特殊詐欺被害情報は6月20日に認知したものを掲示しています。
  • 事件は後日届出される場合がありますので、日にちごとの正確な統計値ではありません。
  • 被害額は、認知時に判明している金額となります。

犯人からの電話がかかってきた地域一覧

犯人からの電話がかかってきた地域一覧(6月20日)(PDF:86KB)

 

 

 

 

 

「特殊詐欺被害日報」のページへ戻る

情報発信元

生活安全総務課地域安全対策推進室