ホーム > 暮らしの安全 > 窃盗の被害を防ぐために > 自動車盗難を防ぐための個人でできる取り組み

ここから本文です。

更新日:2021年3月2日

自動車盗難を防ぐための個人でできる取り組み

これならできる!個人の取り組み

被害を防ぐには、駐車場の管理者側の対策以外に、所有者個人の取り組みも絶対に必要です!

防犯グッズを活用する

外から目立つ防犯グッズを活用する事によって、犯人に「盗みにくい」「時間がかかる」と思わせる工夫をすることが有効です。

どこに駐車するにも面倒くさがらずしっかりと防犯グッズを活用しましょう。

防止に役立つセキュリティグッズの紹介

自宅の敷地内の駐車場や車庫に防犯対策を!

「自宅だから安心だ」と思っていませんか?

自宅でキーを抜いていても、被害に遭っています。(場所別被害の内訳)

個人の駐車場(車庫)にも、しっかりと防犯対策をしましょう。

こんな時はどうする?もう一度、お宅をチェックしてください。

  • 敷地への出入りが自由この場合は周囲と区別するための見通しのよい門扉、フェンスを設置する。
  • 門扉がないこの場合はチェーン、ワイヤー等で出入りを遮断する。自転車やバイクを自動車の前面に駐める。

自宅車庫のイラスト

防犯ライト(センサーライト)をつけると効果的です。

門扉やシャッターは開閉時、ガラガラ音がするものが有効です。

ちょっとの用足しでもキーを抜く

被害場所のうち、道路上だけはキー有りがキー無しを上回っています。また、駐車場や個人の敷地内などでも、キーを付けたまま盗まれる車も依然として後を断ちません。

銀行やスーパー、コンビニなど、ちょっとの用足しの際でも必ずキーを抜き、ドアロックする事で被害を防げます。

情報発信元

生活安全総務課地域安全対策推進室