ホーム > 業務紹介 > 生活安全部 > サイバー犯罪対策課

ここから本文です。

更新日:2021年7月6日

生活安全部 サイバー犯罪対策課

■紹介する業務:サイバー犯罪捜査

業務内容

サイバー犯罪対策課は、現在社会問題となっているサイバー犯罪の取締りを行っています。

サイバー犯罪とは、インターネット等のネットワークを利用した犯罪であり、具体的には、

  • SNSやオンラインゲームで他人のIDやパスワードを不正に使用してログインする不正アクセス
  • コンピュータ・ウイルス感染による個人情報流出やパソコンの乗っ取り
  • インターネットオークションにおける詐欺

等が挙げられます。

 

従来からの捜査手法に加えて、押収したパソコンやスマートフォンに残された犯罪の痕跡を見つけ出すためのデジタルフォレンジックなどの先端技術を活用して事件を解決へとつなげています。

 

2020サイバー2

 

日々巧妙化するサイバー犯罪を取り締まるためには、捜査能力だけではなく、高度な情報通信技術や社会情勢を敏感にとらえることが必要となるため、セキュリティ業界、学術機関と協力し、情報交換や人事交流を図ることで、組織全体の対処能力の強化に努めています。

 

この仕事のやりがい

サイバー犯罪は、広域かつ不特定多数に被害が及ぶ犯罪であり、インターネットやスマートフォンの普及に伴い、県民に身近な犯罪となっています。

また、その手口は、日々進化するインターネット等の情報通信技術が悪用されており、言わば時代の最先端の犯罪と言えます。

 

2020サイバー3

 

 

そのような犯罪に立ち向かうため、従来までの捜査手法に加え、新たな捜査手法を考案し、「見えない犯人」を追い詰めて検挙したときは、時代の最先端の犯罪を解決したという達成感を味わうことが出来ます。

 

さらに、今後は様々な犯罪で情報通信技術が悪用され、その手口もますます巧妙化すると予想されており、その解決に必要不可欠な知識を体得できることもサイバー犯罪捜査の魅力です。

 

情報発信元

サイバー犯罪対策課