ホーム > 業務紹介 > 刑事部 > 捜査第三課

ここから本文です。

更新日:2021年7月6日

刑事部 捜査第三課

■紹介する業務:窃盗事件捜査

業務内容

捜査第三課は、全刑法犯の約4分の3を占める窃盗事件の捜査を担当しています。

 

2020捜査第3課カメラ

 

 

窃盗事件は、

 

  • 生活の拠点である住宅やマンション等を狙った空き巣事件
  • 会社事務所を狙った事務所荒し事件等の侵入盗事件
  • 徒歩や自転車に乗車した高齢者等を狙ったひったくり事件
  • 万引きや置引き事件

等と犯行態様が幅広いため、様々な捜査手法を駆使して、犯人の検挙にあたっています。

 

2020捜査第3課尾行

 

 

窃盗事件の被害者は、大切な財産を奪われ、経済的、精神的にも大変な苦痛を強いられてしまいます。

 

そのため、窃盗事件の捜査では、被害の拡大防止を念頭に置き、一日でも早く犯人を捕まえられるように、日ごろから地道な活動を続けています。

 

この仕事のやりがい

窃盗事件の捜査は、「刑事の基本」といわれています。

その理由は、ほとんどの窃盗事件では、犯人がだれなのか分からないところから捜査が始まるためです。

 

2020捜査第3課捜査

 

 

当然、犯人を捕まえることは簡単ではありません。

 

しかし、そのような難しい捜査であるからこそ、地道な活動が実を結んで事件を解決できたとき、大きな達成感と充実感を得ることができ、また、被害者の方々に事件解決の報告をできることにやりがいを感じます。

「県民が安全で安心して暮らせるまちづくり」を実現するため、捜査活動に従事する刑事という仕事は誇りを持てる仕事であり、心に熱い情熱を持っていれば、きっと大きな充実感、達成感を実感できます。

 

 

情報発信元

捜査第三課