ホーム > 採用案内 > 就職説明会 > 【予約受付中】埼玉県警察インターンシップ > 通信指令課インターンシップ開催結果

ここから本文です。

更新日:2018年2月16日

埼玉県警察インターンシップ開催結果

第4回通信指令課インターンシップ開催結果(平成30年2月14日開催)

20180214通信指令課インターンシップ

業務説明

20180214業務説明課長 20180214業務説明

通信指令室見学

警察官でもなかなか入ることのできない通信指令室を見学し、指令室の緊張した雰囲気を肌で感じました。

20180214通信指令室見学

通信指令課員によるデモンストレーション

「ひったくり事案」の想定に基づき、通信指令課員が、通報を受けてから犯人検挙までの110番通報の受理及び指令のデモンストレーションを披露しました。

20180214デモンストレーション1

また、後半では、「重傷ひき逃げ事故」の想定に基づき、参加者も通報者役として参加して通報から犯人検挙までの一連の体験を行いました。

20180214デモンストレーション2 20180214デモンストレーション3

通信指令課員の迅速かつ的確な対応を目の当たりにして、参加者からは、「凄い!」、「カッコいい!」等の声が漏れていました。

110番の受理体験

模擬想定に基づき、訓練機器を使用して110番通報の受理を体験しました。

20180214110番受理体験

無線指令体験

模擬想定に基づき、普段、使用している本物の機器を使用して受理した110番通報を現場に指令する体験をしました。

20180214無線指令体験 20180214指令体験女性

女性警察官による体験談・フリートーク

若手女性警察官が、通信指令業務のやりがいや印象深い事案についてなどの体験談を話しました。また、休日の過ごし方などプライベートのことにも話が発展し、大いに盛り上がりました。

20180214女性警察官

参加者の声 

  • 今まで警察官は外で働いているというイメージがありましたが、警察官には様々な職種があることを知ることができました。また、通信指令課の仕事は、事件の解決の第一歩となる価値のある重要な仕事であることも知ることができ、とても貴重な体験になりました。
  • 警察官でもなかなか入ることのできない通信指令室に入れて緊張感を肌で感じることができ、とても良い経験になりました。また、通信指令課員の連携したデモンストレーションを見て、組織力の強さを改めて感じました。
  • 実際に警察官が働いている姿を見ることができたことでイメージが膨らみ、通信指令課で働きたいという気持ちがますます大きくなりました。
  • 通信指令課の仕事は、想像以上に大変そうだと感じましたが、その分、やりがいはとても大きいのだろうと感じることができました。
  • 今回のインターンシップに参加して、通信指令課の仕事の大切さや大変さ知ることができました。デモンストレーションでは通信指令課員の連携を見せてもらい、「さすがプロ」と思いました。 

ページの先頭へ戻る

第3回通信指令課インターンシップ開催結果(平成29年8月2日開催)

sireika82a 

業務説明

sireika82b  sireika82c

通信指令室見学

警察官でもなかなか入室できない通信指令室に入り、本物の緊張感を体感しました。

sireika82d

110番通報受理体験

模擬想定に基づいて訓練機器を使用し、110番通報の受理を体験しました。

sireika82e

無線指令体験

模擬想定に基づいて訓練機器を使用し、受理した110番通報を現場に指令する体験をしました。

shireika82f

女性警察官による体験談・フリートーク

shireika82g

参加者の声

  • 110番の受理体験では、何を話したらいいのか、何を聞いたらいいのか難しかったですが、通信指令課の方が丁寧にアドバイスをしてくれました。とてもなごやかな雰囲気で質問もしやすく、通信指令課のことを詳しく知ることができました。
  • 110番の無線指令を体験し、実際に働く自分をイメージすることができました。9月の警察官試験に向けてのモチベーションが上がりました。通信指令課の見学で、限られた人数でテキパキと指令や受理をこなす警察官の姿を見ることができ、とても貴重な体験になりました。
  • 警察官は危険な仕事だと思っていましたが、このインターンシップを通じて、警察は組織で動いていることを知り、心強く感じました。通信指令課の仕事は少し大変だなと感じましたが、この仕事があってこそ、他の警察官が安心して動くことができるということも知り、通信指令課の重要性を感じました。
  • 最初から何でもできる人が警察官になるというイメージでしたが、ほとんどの人が初めてやる仕事で、警察学校で教養を受けたり、現場で教えてもらったりと、経験を積み重ねてできるようになると分かり、とても安心しました。

ページの先頭へ戻る

第2回通信指令課インターンシップ開催結果(平成29年7月19日開催)

業務説明

 a b

通信指令室見学

c

110番通報受理体験

模擬想定に基づいて訓練機器を使用し、110番通報の受理を体験しました。

 d e

 無線指令体験

 模擬想定に基づいて訓練機器を使用し、受理した110番通報を現場に指令する体験をしました。

 f g

 参加者の声

  • 普段見ることのできない通信指令室の見学ができたり、110番の受理・指令体験ができたことにより、警察官になったら通信指令の業務をやりたいと強く感じました。
  • 通信指令課の警察官の話を聞くだけでなく、実際に業務を体験できたことによって、自分の将来の目標が広がった感じがしました。
  • 今回のインターンシップに参加して、警察に対する視野が広がりました。警察官になりたいという気持ちもますます大きくなり、通信指令課で勤務したいという気持ちも湧いてきました。
  • 体験することにより、通信指令業務の難しさだけでなく、重要さも理解できました。また、とてもやりがいのある仕事だということも改めて感じました。
  • 警察の仕事は、犯人を捕まえたり、人助けをするだけのイメージでしたが、今回のインターンシップに参加して、警察の仕事はとても幅広く、奥が深いと感じることができ、本当に貴重な体験となりました。

ページの先頭へ戻る

第1回通信指令課インターンシップ開催結果(平成29年3月30日)

通信指令課インターンシップ集合写真

業務説明

通信指令課員による業務説明

通信指令室見学

通信指令室見学状況

110番通報受理体験

模擬想定に基づいて訓練機器を使用し、110番通報の受理を体験しました。

110番通報受理体験の状況 110番通報受理体験の状況

無線指令体験

模擬想定に基づいて訓練機器を使用し、受理した110番通報を現場に指令する体験をしました。

110番通報指令体験の状況 110番通報指令体験の状況

参加者の声

  • 正直、今まで通信指令課の仕事にあまり興味はありませんでしたが、インターンシップに参加して、通信指令課の仕事をしてみたいという気持ちに変わりました。
  • 普段あまり馴染みのない通信指令課の業務を体験して、警察官の仕事は本当に幅広いと実感できました。また、埼玉県警察は育児休暇等の制度も充実していて、女性にとって働きやすい職場だということも分かって良かったです。
  • 体験を通じて、実際に自分が警察官になって働く姿がイメージできて良かったです。また仕事のやりがいや楽しさの他に、プライベートも充実していることも知ることができて良かったです。
  • インターンシップに参加する前は不安ばかりでしたが、通信指令課の勤務員が皆さん親切に対応してくれ、職場の雰囲気も想像以上に良いところだと感じることができて良かったです。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

警務課採用センター

電話:0120-373-514(平日8時30分~17時15分)