ホーム > 各種制度 > 人事異動・昇任制度

ここから本文です。

更新日:2020年11月11日

人事異動・昇任制度

人事異動

毎年、勤務地・勤務所属・勤務内容など、異動希望を調査する自己申告制度があります。
これをもとに、本人の能力や適性に応じて配属先が決められます。
また、専門性が高いポスト等への公募人事制度(自己推薦制度)も導入しており、職員の士気高揚を図っています。

昇任制度

警察官

本人の努力と実力により、キャリアアップの道が開かれています。
警部までの昇任の方法は「昇任試験」のほか、各分野の専門的実務能力などによる「昇任選考」があります。
なお、採用時の年齢が25歳以上の場合は、巡査部長昇任試験において受験資格が1年短縮されます。

昇進制度

 

警察事務職員

主事(係)として採用になり、その後は能力や経験を重視した公平な試験制度により、主任、係長、課長補佐などへ昇進することができます。
その後も選考により、部長・課長級に昇進することができます。

情報発信元

警務課