ホーム > 就職説明会 > インターンシップ開催結果 > サイバー犯罪対策課インターンシップ開催結果

ここから本文です。

更新日:2020年12月3日

サイバー犯罪対策課インターンシップ開催結果

令和2年2月16日開催結果

令和2年2月16日(日曜日)サイバー犯罪対策課インターンシップを開催しました。

業務説明 

不正アクセス等のサイバー犯罪対策やサイバー犯罪被害防止対策などの業務について説明をしました。

サイバー犯罪捜査体験

20200216サイバー令状

模擬家屋で証拠品の捜索差押を体験しました。

デジタルフォレンジック体験

パソコンのデータを解析し、犯行を示唆する情報の検索を体験しました。

フリートーク

サイバー犯罪捜査官等とフリートークをしました。

参加者の感想

  • 捜索差押えやパソコンのデータ解析などの体験を通して、さらに警察業務への興味が沸きました。捜索では、意外なところに差し押さえるべきものがあり、また電子機器など慎重に扱わなければいけないものが多いので大変な業務であることもわかりました。
  • 大まかな業務内容などのお話しは聞いたことがありましたが、今回はそれを踏まえて実際に解析や捜索差押えなどの体験ができたので、大変勉強になりました。特に捜索差押え体験では、単に物を探すだけでなく、犯人が逃走しないように注意する必要もあるなど、多くの経験から学ぶことができました。
  • パソコンに向かって作業するイメージを抱いていましたが、実際に体験してみて、憧れていた「警察官らしさ」がありました。今回のインターンシップを通して、大学で学んでいることを活かしながら警察官として働いていける想像を膨らませることができました。
  • サイバー捜査官になるまでにどのようなことをするのか、自身の認識とのずれが分かったので参加してよかったと思いました。
  • 警察官という職業に対して漠然とかっこいいなという思いでしたが、今回参加してみて、本当に責任のある重要な仕事を担っていることが分かり、改めて素晴らしい職業であると感じました。
  • 実際に業務を体験してその大変さを感じると同時に、自分たちが困った時にはこんなにも頼りになる存在がいるのだという安心も感じました。

 

令和元年8月4日開催結果

010804サ対インターンシップ

令和元年8月4日(日曜日)サイバー犯罪対策課インターンシップを開催しました。

業務説明

010804サ対インターンシップ

不正アクセス等のサイバー犯罪対策やサイバー犯罪被害防止対策などの業務について説明を行いました。

サイバー犯罪捜査体験

010804サ対インターンシップ

模擬家屋で証拠品の捜索差押を体験しました。

デジタルフォレンジック体験

010804サ対インターンシップ

パソコンのデータを解析し、犯行を示唆する情報の検索を体験しました。

フリートーク

010804サ対インターンシップ

サイバー犯罪対策課員とフリートークを行いました。

参加者の感想

  • 今回、初めて警察のインターンシップに参加しましたが、サイバー犯罪対策課は、国民の生活を守る素晴らしい仕事だと実感しました。
  • 参加する前は、警察官の方々は少し怖いイメージがありましたが、実際に話を聞いたところ、とても面白い方々が多くて、すごく良い職場だと思いました。このような機会があれば、また参加したいです。
  • 捜査体験がとても面白かったです。テレビドラマ等でしか捜査をしている姿を見たことがなかったので、実際に体験をして、イメージよりも物を見つけることの大変さを知ることができました。
  • 以前から警察の仕事に興味があり、今回のインターンシップに参加しました。インターネットが普及している今の時代は、サイバー犯罪が増加しており、貴重な体験をすることができて良かったです。
  • サイバー犯罪対策課の仕事を知ることができて、とても良い時間を過ごせました今後の就職活動の選択肢の1つとして考えたいと思います。民家で証拠品を抑える体験がとても面白かったです。

ページの先頭へ戻る

情報発信元

警務課採用センター