ホーム > 就職説明会 > インターンシップ開催結果 > 鉄道警察隊インターンシップ開催結果

ここから本文です。

更新日:2020年12月3日

鉄道警察隊インターンシップ開催結果

令和2年2月2日開催結果

令和2年2月2日(日曜日)鉄道警察隊インターンシップを開催しました。

パトロール体験

鉄道警察隊員と新幹線ホームや駅構内のパトロールを体験しました。

20200202パトロール120200202パトロール2

派遣所勤務体験

大宮駅の派遣所において、遺失物受理や立番等の派遣所勤務を体験しました。

20200202遺失20200202立番

職務質問模擬体験

想定に基づいて、不審者役への職務質問・所持品検査を模擬体験しました。

20200202職質120200202職質2

参加者の感想

  • インターンシップに参加して、改めて鉄道警察隊の業務の魅力を知ることができました。女性被害の事案を扱うこともあり、女性が活躍できる場でもあると感じました。
  • 鉄道警察隊のみなさんが楽しそうに働いている姿を見て、より一層警察官になりたいという気持ちが強くなりました。
  • 想像以上に気さくな隊員の方が多く、職場の雰囲気の良さを肌で感じることができ、一層魅力を感じました。
  • 思ったより遠くまで見える立番や、しっかりと要点を持って行うホーム上でのパトロールなど、一つ一つの業務について触れ、深く知ることができて非常にためになりましたし、その大変さも実感することができました。

 

令和元年8月4日開催結果

鉄警インターンシップ集合写真

令和元年8月4日(日曜日)鉄道警察隊インターンシップを開催しました。

パトロール体験

鉄道警察隊員と新幹線ホームや駅構内のパトロールを体験しました。

ホーム警ら体験

派遣所勤務体験

大宮駅の派遣所において、派遣所勤務を体験しました。

実際に使用している資機材にも触れました。

防犯活動体験

大宮駅構内の「まめの木」周辺において、防犯チラシ配布を体験しました。

チラシ配布体験

職務質問模擬体験

想定に基づいて、不審者役への職務質問・所持品検査を模擬体験しました。

参加者の感想

  • 警察官は、高圧的な人が多い、怖い、体育会系などのマイナスイメージを勝手に持っていましたが、今回のインターンシップでは、男女関係なく穏やかで、優しく、丁寧に対応していただけたので、楽しく参加することができました。
    今後、進路を決める上でとても貴重な体験となりました。
  • 警ら体験では、迷子になった子や道が分からなくて困っている人、外国人の方など、いろんな人から助けを求められていて、それだけ信頼されている方達なんだなと思いました。
    また、人を助けた時に「ありがとう」と感謝されることはとても嬉しいことだと思いました。
    第一志望は警察官ではありませんでしたが、今回のインターンシップで警察官の仕事に興味が沸きました。
    質問にも丁寧に答えてくださり、楽しいインターンシップでした。
  • 普段何気なく利用している大宮駅が、いつもとは違った景色に見えました。
    特に、駅構内のパトロール活動は、たった30分の間でも2件ほど現場対応する場面を実際に見て、鉄道警察隊はなくてはならない存在だと実感しました。
    キャンペーン資料配布をしている際にも、通行人などみんなが私たちのことを見ていたので、警察官の存在はとても大きいと思いました。
    この大きな大宮駅であまり大きな事件など起きず、安全に利用できていることは、鉄道警察隊などの徹底されたパトロールと人とのコミュニケーションによるものであり、そのことに感動しました。
  • 最近になって警察官の職業に興味を持ち始めたのでインターンシップに応募しました。
    応募前よりもこの職業に就きたいという願望が強くなりました。
    特に、女性警察官だからこそできる痴漢相談など、人のために力を注ぎたいと思いました。
    本日のインターンシップはとても充実したもので、これからの就職について考えさせられるものとなりました。

ページの先頭へ戻る

平成31年3月23日開催結果

1

平成31年3月23日(土曜日)鉄道警察隊インターンシップを開催しました。

パトロール体験

鉄道警察隊員と新幹線ホームや駅構内のパトロールを体験。

23

大宮駅の派遣所において、派遣所勤務を体験

遺失届の受理体験、立哨警戒体験をしました。

実際に使用している資機材にも触れ、皆さん興味津々。

45

職務質問模擬体験

想定に基づいて、不審者役への職務質問・所持品検査を体験。

追及した先に見えてくる真実は・・・?

67

参加者の感想

  • 鉄道警察隊の具体的な仕事内容を知ることができ、来てよかったと思えました。職員の皆さんが明るく、リラックスして参加することができました。
  • 職務質問の模擬体験をしてみて、想像以上に難しく感じました。パトロールでは、普段何気なく利用していた駅の景色が変わって見えました。職員の体験談も他では聞けないものばかりで、大変有意義な時間でした。
  • 警察官になることができたら、鉄道警察隊の一員として、自らの手で痴漢や盗撮、スリ等の被害を未然に防ぎたいと思っていました。今回のインターンシップを通し、ますます自分が警察官として活躍したいという思いが強まりました。
  • 女性警察官が活躍できる場所だなと思いました。駅を歩いているとたくさんの人が警察官の方を見ていて、本当に影響力のある存在なんだなと思いました。インターンシップに参加するたびに、警察官の方は一人一人輝いているなと思います。

ページの先頭へ戻る

情報発信元

警務課採用センター