ホーム > 就職説明会 > インターンシップ開催結果 > 埼玉県警察インターンシップ「捜」開催結果

ここから本文です。

更新日:2020年12月3日

埼玉県警察インターンシップ「捜」開催結果

埼玉県警察インターンシップ「捜」開催結果
(令和2年1月25日(土曜日)開催)

令和2年1月25日(土曜日)、埼玉県警察インターンシップ"捜"―本物の捜査を体感せよ―を開催しました。 

【午前】交通捜査体験

ひき逃げ事件捜査体験

ロールプレイング形式によるひき逃げ事件の捜査を体験しました。

20200125交通鑑識120200125交通鑑識20200125事故参考人

20200125防カメ精査20200125車両精査120200125車両精査2

20200125車両精査320200125被疑者宅2

捜査員とのフリートーク

【午後】刑事捜査体験

殺人事件捜査体験

ロールプレイング(VR)形式による殺人事件の捜査体験を行いました。

20200125VR20200125VR科捜研

20200125逮捕120200125逮捕2

”技”の検視現場臨場体験

殺人事件被害者の声なき声を聴き分けるプロフェッショナルである「検視官」の活動を体験しました。

20200125検視120200125検視220200125検視3

”匠”の鑑識活動体験

事件解決に導く刑事鑑識を体験しました。

捜査員とのフリートーク

参加者の感想

【大学生】

  • 自身が捜査員となって捜査を体験する劇場型のインターンシップはとても斬新で、緊張感を持って実体験することができました。また、検視体験も初めての経験でしたし、一日を通してとても貴重な体験をさせていただいたので、参加できてよかったなと思いました。
  • 手の込んだ演出があったため深く入り込めました。中でもひき逃げ事故捜査と殺人事件捜査体験を通して、捜査の面白さと難しさを肌で感じることができました。私は刑事を志望していますが、「被害者のために犯人を必ず捕まえる」という強い執念と誇りが大切なのだと学びました。従事していた警察官のみなさんが優しく、こんな方々が上司でいたら幸せだなと思いました。
  • 今回のインターンシップを通して新たな発見がたくさんあり、また、実際に働いている感覚を味わえたことで、一足先に警察官になれたようで嬉しかったです。
  • 交通事故捜査体験を通して、ぜひ将来は交通捜査課で働きたいと思いました。手がかりを見つけて犯人を探し当てる大変な仕事だと思いますが、やりがいや達成感のある素晴らしい仕事だと思いました。
  • フリートークで鑑識課の方がおっしゃっていた「事件に慣れるのではなく、事件を通して強くなるのが正しい。」という言葉がすごく身に沁みました。
  • 警察官を志す同世代の参加者と一緒になって考え、話し合う時間も含め、このインターンシップに参加して良かったです。

【専門学生】

  • ドラマや映画で見ていた捜査を目の当たりにし実際に体験することで、警察の仕事の魅力をさらに感じることができました。今までは白バイにしか関心がありませんでしたが、他の仕事についてももっと詳しく知りたいと思いました。

【高校生】

  • 学校にインターンシップのポスターが掲示されていたのをきっかけに応募しました。捜査部門の仕事のイメージがつかめなかったのですが、今日一日でじっくりと知ることができました。「悪を許さない」「被害者の立場に立って考える」という思いをすべての警察官が抱いていることを実感しました。

 

ページの先頭へ戻る

情報発信元

警務課採用センター