ホーム > 埼玉県警について > 各警察署の連絡先 > 春日部警察署 > 春日部警察署管内特殊詐欺発生状況

ここから本文です。

更新日:2020年5月20日

春日部警察署管内特殊詐欺発生状況

春日部市内の特殊詐欺発生状況

令和2年4月の発生(認知)状況

手口 被害件数
オレオレ詐欺

0件

預貯金詐欺 2件
還付金等詐欺 0件
架空請求詐欺 0件
融資保証金詐欺 0件
詐欺盗 0件
被害金額 228万円

特殊詐欺発生被害概要

令和2年4月の被害認知状況

被害者

被害日

手口

被害

女性(70歳代)

R1.9月上旬

預貯金

キャッシュカード

女性(70歳代)

4月下旬

預貯金

キャッシュカード

 

最近の傾向など

  • 架空料金請求にも注意してください。利用した覚えがなければ、支払う必要はありません。身に覚えのない請求通知を受け取っても、記載してある連絡先に電話しないでください。
  • 警察官及び金融庁を装い、キャッシュカードや通帳の交付を求める手口が増えています。警察官及び金融庁がキャッシュカード等をお預かりすることはありません。

ハガキ詐欺に注意してください

春日部警察署管内では、法務省などの名称を不正使用し「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」などと記載された郵便はがきを送り付けた上、過去の未払金にかかる民事訴訟の取り下げ費用などとして、現金や電子マネーの権利などを要求する架空料金請求詐欺が多発しています。

こうしたはがきが届いても、記載されている電話番号に電話をかけることなく、春日部警察署にご連絡をお願いします。

「キャッシュカード預かります」の詐欺に注意してください

「キャッシュカードを預かります」は詐欺

春日部警察署管内では、警察官や銀行協会職員、デパート店員等を装い暗証番号を聞き出し、キャッシュカードを騙し取る被害が多発しています。

「警察です。あなたの個人情報が悪用され、口座が不正に使われています。」

「銀行協会です。すぐに口座を凍結するので暗証番号を教えてください。カードを新しくします。職員を向かわせるので、古いキャッシュカードを渡してください。」

このような事を言われても、すぐにキャッシュカードを渡すことなく、警察に連絡してください。

不審な電話や訪問があった場合は、すぐに警察へ通報をお願いします。

お問い合わせ

春日部警察署