ホーム > 埼玉県警について > 各警察署の連絡先 > 加須警察署 > JKビジネス及びAV出演強要に関する相談窓口について

ここから本文です。

更新日:2017年5月16日

JKビジネス及びAV出演強要に関する相談窓口について

JKビジネスについて

近年、繁華街を中心に女子高校生等によるマッサージ、会話やゲームを楽しませるなどの接客サービスを売り物とする営業が見られ、「JKビジネス」と呼ばれています。問題のないアルバイトに見えても、女子高校生等が児童買春等の被害に遭うというケースが目立っており、安易に働くことはとても危険です。

検挙事例

  • 「リフレ」の経営者は、女子高校生を雇い入れ、店内の個室において、客の求めに応じて身体を触らさせるなどのサービスを行わせていた
  • 「撮影」の経営者は、女子高校生を雇い入れ、店内の個室において、客の求めに応じて胸部等をことさら強調するような姿勢で撮影させるサービスを行わせていた
  • 「コミュ」の経営者は、女子高校生を雇い入れ、店内の個室において、客の求めに応じて性交させるなどのサービスを行わせていた

AV出演強要問題について

「高収入のアルバイトがある」など、モデルやアイドル等の勧誘を装い、それをきっかけに若い女性が無理矢理アダルトビデオに出演させられて性的な被害を受けるという問題が発生しています。

相談事例

  • 街中で、「モデルになりませんか」とスカウトされてついて行ったら、財布を取り上げられ、数人の男に囲まれた状態でアダルトビデオに出演する契約を強要され、実際に出演させられた。
  • インターネットでモデルの募集に応募したら、実はアダルトビデオの撮影だった。
  • タレント契約だと思っていたが、実際はAV撮影だったので断ったところ、違約金や賠償金を請求された。

相談窓口

JKビジネスやAV出演強要の被害に遭った際は警察相談専用窓口「#9110」か、又は最寄りの警察署に相談してください。

加須警察署からのお願い

被害に遭わないために、悪質なスカウトがいるということを知り、甘い言葉で誘われても絶対について行かないでください。

また、家族、知人友人が被害に遭っていることを知ったら、すぐに警察へ相談してください。

お問い合わせ

加須警察署

電話:0480-62-0110