ホーム > 埼玉県警について > 各警察署の連絡先 > 羽生警察署 > 悪質商法にご注意ください

ここから本文です。

更新日:2018年5月1日

悪質商法にご注意ください

概要

悪質商法の主な手口として、次のような手口があります。

点検商法

無料点検の名目で高齢者宅を訪問し、「工事しないと家が危険です。」などと嘘の事実を告げて不安をあおり、必要がない高額の工事契約をする。

内職商法

「自宅でできるサイドビジネス」「1日○時間の仕事で月収○万円」等と魅力ある内容の広告やダイレクトメールで内職を募集し、高額な機械を売りつけたり、多額の会員登録料を支払わせる。

マルチ商法

街頭で「アンケートに協力して欲しい。」などの口実で事務所に誘い、高額商品の購入やサービス会員の契約を迫るキャッチセールスや「いいアルバイトがある。」などと儲け話を持ち掛け、結局、高額商品を購入させる。

その他

消火器や火災報知器を売りつける商法や公的機関を名乗りその場で契約を迫る業者にも注意しましょう。

羽生警察署からのお願い

突然の訪問者に対しては、

  • すぐにドアを開けず、ドアチェーン等を活用する
  • 身分証明書を提示させ、業者に電話をして事実確認をする
  • 財産や個人情報に関することは答えない

等の対応をしてください。

必要がないものは「いりません。」「断ります。」ときっぱりと断ることが重要です。

また、不審だと感じたら、すぐに110番通報をしてください。

お問い合わせ

羽生警察署 

電話:048-562-0110